ログイン

きのこレシピ

生どんこと香味野菜のスープ餃子

身体に染みわたるプチ薬膳♪

生どんこと香味野菜のスープ餃子

このレシピを保存

使用きのこ

調理時間

20分

エネルギー

168kcal

塩分相当量

2.5g

※エネルギー、塩分は1人分

生どんこと香味野菜のスープ餃子

材料2人分

  • 生どんこ

    L1パック

  • 【A】ニラ

    1/3束

  • 【A】しょうが

    1/3片

  • 【A】にんにく

    1片

  • 【A】豚ひき肉

    50g

  • 【A】ごま油

    小さじ1/2

  • 【A】塩

    1g

  • 餃子の皮

    10枚

  • サラダ油

    小さじ1/2

  • ひとつまみ

  • 800ml

  • しょう油

    大さじ1・1/3

  • ごま油

    小さじ1/2

  • 万能ねぎ

    お好みで

つくり方

  1. 生どんこは軸を切り、軸とカサ2枚はみじん切りにする。ニラは小口切り、しょうがとにんにくはみじん切りにする。

  2. 耐熱ボウルにみじん切りにした生どんこを入れてラップし、電子レンジ(600W)で2分ほど加熱したら【A】をすべて加え、よく混ぜて餃子の皮に包む。

  3. 鍋に油を熱し、残りの生どんこのカサを両面焼いて塩をふり、水を加えて中火で沸騰するまで加熱する。

  4. しょう油を入れてひと煮立ちさせ、?を入れて皮が透き通るまで加熱する。

  5. 仕上げにごま油をまわし入れて器によそい、 お好みで小口切りにした万能ねぎをのせる。

菌活ポイント

天候が不安定なこの時期は、食事から体調管理を意識することが大切です。腸内には身体の免疫細胞の約7割が存在しているため、腸を整えることは免疫機能を保つのに重要なポイントとなります。きのこには腸内環境を整える食物繊維が豊富なうえに、腸に住む善玉菌が優位な環境へと後押しする菌食材なので、全身の体調管理を強力にサポートします。また、しょうがには身体を温める働きがあるので、より温まるスープで内側からの健康づくりを後押し。うま味が豊富なきのこと香味野菜がたっぷり摂れる一品で、夏に向けた元気な身体づくりを始めましょう!