きのこで菌活って

“健康によい”と話題の菌活。
中でも、菌そのものである「きのこ」で行う「きのこで菌活」がおすすめです。
「きのこで菌活」は、きのこを日常的に食べることで、体の中からキレイで健康になる…
そんな魔法のような生活習慣のこと。
きのこは菌そのものだけを食べられる唯一の食品なので“菌食材の王様”と呼ばれています!

菌=きのこ

菌という漢字は訓読みで「きのこ」。
菌食材の王様であるきのこは、
まさに菌活にぴったりな食材なのです!

また、善玉菌のエサにもなるきのこ。
だから、きのこで菌活のオススメは、毎日1回以上きのこを取り入れた食事をすること。少しずつでも長く続けることが大切です。菌のチカラを丸ごと美味しくいただきましょう!

年末に向けて実践したい「きのこで菌活」のポイントは・・・

年末は人と集まって食事をする機会が増えるもの。食べ過ぎや飲み過ぎの予防には、食物繊維が豊富で食べごたえのあるきのこがおすすめ。

また、きのこに豊富なオルニチンは、二日酔いの予防にも効果的。
おつまみにきのこを加えれば、美味しく二日酔い予防ができます。さらに、オルニチンには疲労回復を促す効果もあるので、年末年始を元気に過ごすのには欠かせませんね。

 さらに、12月は風邪やインフルエンザが気になりだす時期。 身体の免疫力アップにはβグルカンが効果を発揮します。

きのこには冷え予防に効果的な栄養素も豊富。ナイアシンは血行を促し冷えの改善に。また、ビタミンB群は代謝を促すことで、エネルギーを生み出し体温の上昇をサポートします。

きのこで菌活で、元気に1年を締めくくりましょう!

具体的なおすすめの「きのこで菌活」の効果は、
下記の6つ。
気になる効果をチェック!

冬太り対策はできるだけ早く始めたい!

きのこで叶える“食べても太らない”身体づくり

毎日の食事にきのこを活用することで、おいしく食べながら、スリムアップを叶えましょう。きのこは100gで約20kcalと、とても低カロリー。きのこを使ってカサ増しすることで、とりすぎてしまいがちなカロリーを上手にコントロールすることができます。どんなジャンルの料理にも合わせやすく、使い勝手のよい点もきのこの魅力ですよね。さらにきのこは食物繊維が豊富なので、しっかり咀嚼をすることで満腹感が得られやすく、食欲を抑えることもできます。
【監修】管理栄養士・健康運動指導士 中川 洋子先生

「美腸」が育む健康的な美しさ。
毎日の食事から腸内環境を整える「きのこで菌活」

このように健康維持に欠かせない【腸の働きを良くすること】は、誰にとっても重要なこと。腸がきちんと働かないと、栄養素を充分吸収できないだけでなく、免疫力が低下して体調不良を起こす恐れがあります。つまり、腸は、食べ物を消化吸収し、外敵と戦い、健康を保ってくれる要なのです。冷たいものの摂り過ぎや、ドカ食い、ダラダラ食いを避け、きのこをはじめとする菌類や発酵食品を毎日摂る「菌活」で、腸内環境を整えましょう。
【監修】医学博士・管理栄養士 本多京子 先生

今おすすめのきのこレシピ

きのことカキのミルクリゾット

お酒を飲む機会の多い年末は、二日酔い予防のためにも食事からの対策が大切です。
ブナシメジには肝臓の働きを手助けし、アルコールの分解を助けるオルニチンがシジミの5~7倍も含まれています。また、タウリンや亜鉛を多く含むカキと一緒に食べると、二日酔い対策の効果が高まります。おしゃれなディナーにもおすすめの一品です♪

レシピを見る レシピ動画を見る