きのこで菌活って

“健康によい”と話題の菌活。
中でも、菌そのものである「きのこ」で行う「きのこで菌活」がおすすめです。
「きのこで菌活」は、きのこを日常的に食べることで、体の中からキレイで健康になる…
そんな魔法のような生活習慣のこと。
きのこは菌そのものだけを食べられる唯一の食品なので“菌食材の王様”と呼ばれています!

菌=きのこ

菌という漢字は訓読みで「きのこ」。
菌食材の王様であるきのこは、
まさに菌活にぴったりな食材なのです!

また、善玉菌のエサにもなるきのこ。
だから、きのこで菌活のオススメは、毎日1回以上きのこを取り入れた食事をすること。少しずつでも長く続けることが大切です。菌のチカラを丸ごと美味しくいただきましょう!

2月に実践したい、「きのこで菌活」のポイントは・・・

【Point1】花粉症や肌荒れに、総合的なきのこのチカラを!
花粉症予防や症状緩和には、免疫力を高めることが必要です。そのためには、日頃から腸内環境を整えておくことが大切。そして、きのこには免疫力を高めてくれるさまざまな栄養素が含まれています。


【Point2】身体の中からキレイになる♪ きのこでデトックス!
春に向けてぽっこりお腹をどうにかしたい方におすすめの「食事からできるデトックス」。きのこの「食物繊維」で体内の老廃物を排出!デトックスですっきりボディへ。


【Point3】乾燥による肌荒れ対策に!きのこのビタミンB群!
美肌づくりのためには栄養バランスのとれた食事が大切ですが、そこに代謝を活性化させてターンオーバーを整える【きのこのビタミンB群】をプラスして内側からのケアを始めましょう。肌のターンオーバー期間は概ね1か月、春に向けていまが始めどきです。


【Point4】春に向けて「燃えやすい身体づくり」&「カロリーコントロール」
燃えやすい身体づくりというのは、身体の代謝を高めて痩せやすい身体にすること。低カロリーなきのこですが、燃えやすい身体をつくるオルニチンやビタミンB群が豊富に含まれています。

具体的なおすすめの「きのこで菌活」の効果は、
下記の6つ。
気になる効果をチェック!

春のために!菌活でカンタン美人体質

いま始めるのが大切なポイント!

まだまだ寒い日が続きますが、暦の上では春ですね。出会いの季節に自信を持てるよう、今から“美人体質”を作っておきましょう。そこでおすすめなのが「きのこで菌活」。きのこに豊富な食物繊維は体内に溜まった老廃物などの排出を促すほか、免疫力を高めてくれるので花粉症の予防にもピッタリ。また、乾燥や花粉からくる肌トラブルには、肌のターンオーバーを整え皮膚や粘膜を健康に保つビタミンB2が役に立ちます。これらの栄養素は身体に溜めることができないので、毎日こまめに摂ることも「きのこで菌活」のポイントですよ!
【監修】中村 愛香(管理栄養士・スポーツフードアドバイザー)


「美腸」が育む健康的な美しさ。
毎日の食事から腸内環境を整える「きのこで菌活」

このように健康維持に欠かせない【腸の働きを良くすること】は、誰にとっても重要なこと。腸がきちんと働かないと、栄養素を充分吸収できないだけでなく、免疫力が低下して体調不良を起こす恐れがあります。つまり、腸は、食べ物を消化吸収し、外敵と戦い、健康を保ってくれる要なのです。冷たいものの摂り過ぎや、ドカ食い、ダラダラ食いを避け、きのこをはじめとする菌類や発酵食品を毎日摂る「菌活」で、腸内環境を整えましょう。
【監修】医学博士・管理栄養士 本多京子 先生

今おすすめのきのこレシピ

きのことほうれん草のごちそうタルタル鮭フライ

春に向けた、花粉症対策メニュー!
きのこには、腸の免疫細胞を活性化させるβグルカンが豊富。また、エリンギには花粉症予防に効果的なIgAを増やす効果が、マイタケには抗アレルギー作用があります。更に、免疫力を高めるビタミンCを含むほうれん草、花粉症対策に効果的なアスタキサンチンを含む鮭をきのこと合わせることで、一層の効果が期待できるレシピです。

レシピを見る レシピ動画を見る