きのこdeクイズ

クイズに答えてポイントゲット!

正解なら10pt、不正解なら1pt!!

今週の問題

そろそろ気になり始める花粉症ですが、今から対策をしておくことで本格的なシーズンに備えましょう。きのこの中でも特に○○○○には花粉症症状の緩和効果が期待できるIgAを増加させる効果が期待されており、食事からのケアにおすすめです。○○○○に入るきのこは? ヒントはこちら >

ポイントをためてプレゼントに応募しよう!
プレゼントに応募する

過去の問題

冬から春にかけてのこの時期は、空気の乾燥に花粉の刺激も加わるため、いつも以上に肌荒れに注意が必要です。きのこに豊富なβグルカンのパワーで○○○を高めることは、肌免疫を整え肌の状態を良好に保つほか、花粉症症状の緩和にも効果的です。○○○に入る言葉は?

免疫力

暦の上では今週から「春」ですが、まだまだ寒いこの時期。食事から身体を元気にするためには、バランスの良い食事が大切です。栄養たっぷりのきのこは複数の種類を合わせて摂ることで○○の相乗効果も期待できる優秀な食材。○○に入る言葉は?

旨味

冷え予防には、全身の代謝を高めて体温を高める工夫をすることも重要です。きのこには、代謝アップに不可欠なビタミン○群が豊富に含まれるため、冷え対策の強い味方!○に入る言葉は?

【B】

風邪やインフルエンザ対策のためにも、バランスの良い食事で免疫力を高めることが重要。特にきのこに含まれる○○○○○には免疫力を高める効果があるためおすすめです。○○○○○に入る言葉は?

βグルカン

冷えや空気の乾燥から、この時期に気を付けたい「インフルエンザ」。きのこの中でも特に○○○○○には、抗インフルエンザ感染作用が認められています。○○○○○に入る言葉は?

ブナシメジ

新習慣にもおすすめの「きのこで菌活」。きのこは、全身の中で最も菌の多く、健康の要とも呼ばれる○の調子を整えることで、健康な毎日をサポートします。○に入る言葉は?

現在きのこアルバムでご紹介中のきのこ「ウラベニホテイシメジ」は“福の神”の一人 “布袋”さんの名前を持つ食用きのこですが、その名前の由来は○○が太く膨らんでいるから。○○に入る言葉は?

根元

冷え予防に効果的な、代謝アップをサポートするきのこの栄養素、ビタミンB群は○○○ビタミンのため、栄養素をムダなく摂れる炊き込みご飯などがおすすめです。○○○に入る言葉は?

水溶性

食べ過ぎや飲み過ぎで冬太りが心配、という方には、きのこでカロリーコントロールがおすすめ。きのこは100gあたり約○kcalと低カロリーなんです!○に入る数字は?

【20】

本格的に冷えの辛い時期が到来。食物繊維の豊富なきのこを取り入れるなど、腸内環境を整える食事を意識することで栄養素の吸収アップや○○が高まり、冷え予防に繋がります。○○に入る言葉は?

代謝

今おすすめのきのこレシピ

きのこの洋風白和え

徐々に気になり始める花粉症。早めの対策で、症状の緩和を叶えるメニューです。
きのこに豊富な食物繊維は、腸の調子を整えることで免疫力を高め、花粉症の症状を緩和します。また、エリンギのIgA増加効果、マイタケの抗アレルギー効果でさらに効果アップ。小松菜のβカロテンも免疫力を高める作用があるため、春色のこのメニューで、おいしく花粉症対策をはじめましょう!

レシピを見る レシピ動画を見る