10の質問で今のあなたにピッタリのコラムとレシピをご紹介

Health & Beauty -Check-

110

コツコツ、地道に続けるのは嫌いじゃない

挑戦してみたいスポーツがある

1日三食しっかり食べている

好きな、あるいは憧れのスポーツ選手がいる

運動した後は肉や魚、きのこや野菜をしっかり食べる!

移動は車よりも自転車や徒歩が多い

できるだけ毎日湯船に浸かっている

最新スポーツグッズに興味がある

サプリメントも上手に活用して栄養補給している

休息や睡眠の時間はしっかり確保している

img_recommend_01

カラダも喜ぶ「きのこの朝食」

朝ごはんを抜くと基礎代謝が低下してしまいますので、一日を生き生きと健康的に過ごすためにはエネルギーをしっかり摂取することが欠かせません。朝ごはんを食べれば、カラダや脳にエネルギーが行き渡り、やる気や集中力も出てきます。

img_recommend_02

焼き生どんこのごちそうおにぎり

新米の美味しい時期だからこそ味わえる贅沢なおにぎりを作ってみませんか?焼くことで溢れ出る生どんこの旨味と香りを新米に閉じ込めた極上の一品です。

img_recommend_01

太りにくい体質を作る!きのこでデトックス!

体内から不要なものを排出する“デトックス”が身体に良いとわかっていても、「継続的に行うのは難しい」と感じてはいませんか。実は、きのこで菌活をすれば、継続的なデトックスで、体内に毒素や老廃物をためこまない健康的な生活が可能になるんです。

img_recommend_02

きのことスナップえんどうのデトックススープ

具だくさんのデトックススープで、体内の老廃物をしっかり排出させてむくみを予防しましょう!きのこに豊富な食物繊維は、便のカサとなることで老廃物の排出を促すので、むくみにくい身体づくりをサポートします。

img_recommend_01

太りにくい体質を作る!きのこでデトックス!

体内から不要なものを排出する“デトックス”が身体に良いとわかっていても、「継続的に行うのは難しい」と感じてはいませんか。実は、きのこで菌活をすれば、継続的なデトックスで、体内に毒素や老廃物をためこまない健康的な生活が可能になるんです。

img_recommend_02

きのこde腸が喜ぶサラダ

きのこに豊富な食物繊維は便のカサを増やして、老廃物の排出を促します。またごぼうは水溶性食物繊維が豊富なため、きのこと合わせることで更に腸内環境改善効果が高まります。食事から、健康の要である腸を整えましょう!

img_recommend_01

【入門編】快適シーズンの秋。ウォーキングからはじめよう!

「運動しなきゃ!」と思っていても、何からすればいいのかわからないという人は多いのではないでしょうか。そこでおすすめするのは、通勤やお買い物の途中でもできる「ウォーキング」。歩いてカラダを動かすことは、インナーケアにもつながります。

img_recommend_02

きのこと小松菜のおかか和え

ケガのしにくい身体づくりは、土台となる骨を丈夫にすることが大切です。カルシウムが豊富な小松菜や桜えびは、カルシウムの吸収を高めるビタミンDが豊富なきのこと合わせることで、効率よく強い骨づくりができます。

img_recommend_01

ビタミン&ミネラルがポイント!食欲の秋を満喫しながらダイエット♪

ダイエット=カロリーコントロールと思われがちですが、カロリーの数値ばかりを気にしていたのでは、キレイに痩せることはできません。大切なのは栄養のバランス。三大栄養素ときのこに豊富なビタミン、ミネラルをバランスよく摂取することで、美しく、効率よく痩せることができます。

img_recommend_02

ダイエット たっぷりきのこと野菜の蒸し鍋

きのこはエネルギー代謝を高めるビタミンB群が豊富なため、燃えやすい身体づくりを助けます。また、蒸すことで、きのこや野菜の甘みが引き出されて、満足感もたっぷり感じられますよ♪

img_recommend_01

低カロリー

水分が約90%を占めるきのこは、100g食べても約20kcal以下ととても低カロリー。旨味が強く歯応えがあるので、ヘルシーながら満足感や満腹感を得ることができます。

img_recommend_02

エリンギの低カロ炒め-レモン風味

エリンギは体脂肪の減少や中性脂肪の吸収を抑える働きがあり、ダイエットにうれしい食材♪また、きのこには代謝を高めるビタミンB群やオルニチンが、合わせるエビは低脂質高タンパクな食材のため、燃えやすい身体づくりもサポート!

img_recommend_01

潤滑栄養素

食べ物に含まれる栄養素は、筋肉やエネルギーの素となる「三大栄養素(タンパク質・脂質・糖質)」と、三大栄養素をうまく代謝し、支えるのに欠かせない「潤滑栄養素(ビタミン・ミネラル)」に分けられます。これらを不足なく摂ることで、健康な身体をつくることができます。

img_recommend_02

栄養たっぷり!きのこのごま豆乳鍋

タンパク質源となる鮭と厚揚げ&豆乳、ウインナーと、潤滑栄養素であるビタミンB群を豊富に含むきのこを積極的に摂取しましょう。ごまの風味が香ばしい味噌豆乳味が食欲をそそるメニューです!

img_recommend_01

スポーツの秋!服の上からでもわかるかっこいい背中

今月は、服をかっこよく着こなす背中を作る為のトレーニングをご紹介します。活動的でかっこいい背中とは肩の力が適度に抜け、肩甲骨が正しい位置にある状態です。肩甲骨が正しい位置にあると、肩の力が抜けて肩こりが起こりづらくなったり、肘や手の筋肉が柔らかくなるなどのメリットもあります。

img_recommend_02

きのこと魚介のアクアパッツァ

気温の低下に伴って筋肉も硬くなりやすい時期。食事からも身体を温めて筋肉をほぐすことが大切です。きのこのナイアシンと鮭に豊富なビタミンEは血行を促し、身体を温めます。

img_recommend_01

今から予防を始めたい!骨粗しょう症のリスクとは

ピンクリボン月間を機に見つめ直したい家族の健康。特に中高年の女性が気をつけたい問題の1つに骨粗しょう症が挙げられます。加齢によって年々加速していく骨量の減少を抑えるには、いったいどのような対策をすればよいのでしょうか?家族全員が元気で健康的な老後を過ごすためにも、毎日の食事が大切。今から骨粗しょう症の予防をしっかりしていきましょう。

img_recommend_02

きのこたっぷり煮込みハンバーグ

きのこはの食物繊維は腸内環境を整えて栄養素を吸収しやすい身体づくりに効果的。また、きのこに豊富なビタミンB6はハンバーグの良質なタンパク質を代謝し、丈夫な骨づくりを助けます。

img_recommend_01

今から予防を始めたい!骨粗しょう症のリスクとは

ピンクリボン月間を機に見つめ直したい家族の健康。特に中高年の女性が気をつけたい問題の1つに骨粗しょう症が挙げられます。加齢によって年々加速していく骨量の減少を抑えるには、いったいどのような対策をすればよいのでしょうか?家族全員が元気で健康的な老後を過ごすためにも、毎日の食事が大切。今から骨粗しょう症の予防をしっかりしていきましょう。

img_recommend_02

きのこの香りいっぱい!クリームペンネ

骨を強くするには、骨の主成分であるカルシウムとその吸収を高めるビタミンDが一緒に摂れるメニューを選びましょう!きのこはビタミンDが豊富なのでカルシウムの豊富な牛乳と合わせると効果的です。

img_recommend_01

カラダも喜ぶ「きのこの朝食」

朝ごはんを抜くと基礎代謝が低下してしまいますので、一日を生き生きと健康的に過ごすためにはエネルギーをしっかり摂取することが欠かせません。朝ごはんを食べれば、カラダや脳にエネルギーが行き渡り、やる気や集中力も出てきます。

img_recommend_02

霜降りひらたけとさつまいもの贅沢けんちん汁

本格的に秋となる冷え込む時期に食べたい身体の芯から温まる一品。霜降りひらたけの旨味とさつまいもの甘味が溶け出た秋の味覚をシンプルに味わう、休日の朝食にもオススメの温かメニューです。

きのこで菌活とは

きのこで菌活とは

“健康によい”と話題の菌活。

季節ごとの悩みを解決し、身体の中からキレイで健康になるための 「きのこで菌活」のポイントをご紹介します。

Present

10月の会員限定プレゼント
ヨギボーマックス+キャタピラロールショート セット
ヨギボーマックス+キャタピラロールショート セット
2名様
快適すぎて動けなくなる魔法のソファ。「ヨギボーマックス」は3 人掛けのソファにもなります。YogiboJapanオリジナルサイズの「キャタピラロールショート」とのセット。
  • レジかご保冷バッグ
    レジかご保冷バッグ
    3名様
  • アクティブ三脚チェア
    アクティブ三脚チェア
    5名様
  • ボア生地ポーチ
    ボア生地ポーチ
    5名様
  • ピンクリボンマフラータオル
    ピンクリボンマフラータオル
    5名様

きのこらぼに無料会員登録をしていただき、ログインした状態で記事をご覧いただくとポイントがもらえます。
貯まったポイントは、プレゼント応募にご利用いただけます。

あなたにオススメのコラム&レシピ