きのこのキキメ

飲みすぎ・二日酔い対策に
h1

二日酔いには、きのこの
「オルニチン」が効く

アルコールケアに効果がある栄養素といえば、肝臓の働きを助けてくれるオルニチン。肝臓の代謝や解毒作用をサポートするので、お酒を飲む時には特に効果があるといわれています。よく、「二日酔いには、シジミのお味噌汁がいい」といいますが、それはシジミにオルニチンがたっぷり含まれているから。でも、実は、ブナシメジやブナピーには、シジミの約5~7倍ものオルニチンが含まれている(※1)のです。きのこであれば、お味噌汁だけでなく、雑炊や鍋、サラダや炒め物など、さまざまなメニューに簡単に使えておすすめ! 飲み会が連日続くという時には、積極的に日々の食事にきのこを取り入れるとよいでしょう。また、お酒を飲む前にきのこ料理を意識的につまんでおくと、きのこに含まれる食物繊維がアルコールの吸収を防いでくれるので、さらに二日酔いの予防効果が期待できます。

※1:日本きのこ学会 第16回大会(2012年)にて発表

オルニチン

オルニチン

*測定値は全て遊離オルニチン量です。ホクト(株)調べ

 

お酒を飲む方のほとんどが、
ビタミンB1不足に陥っている

きのこに豊富に含まれるビタミンB1もまた、アルコールケアに有効な栄養素の1つです。ビタミンB1はアルコール代謝をする際に大量に消費されることから、飲酒後はビタミンB1が不足しがち。お酒を飲む方のほとんどがビタミンB1不足に陥っているといっても過言ではありません。アルコールを分解しきれないと二日酔いにもなりやすくなるので、お酒をよく飲むという方は、オルニチンと共にビタミンB1を積極的に摂取することを心がけましょう。

ビタミンB1

ビタミンB1

きのこ:ホクト(株)調べ  その他食品:七訂日本食品標準成分表より

 

食べ過ぎ・飲みすぎのキーワードをもっと詳しく!

今おすすめのきのこレシピ

きのことなすのジャージャー麵

食欲の落ちやすい夏におすすめの、ピリ辛で旨味たっぷりなスタミナメニュー!
きのこには、糖質からエネルギーをつくるのに不可欠なビタミンB1が豊富。同じくビタミンB1が豊富な豚肉を合わせることで、麺からよりスムーズにエネルギーを作り、効率のよいスタミナアップが期待できます。また、なすには身体を冷やす作用があるため、身体のクールダウンにも効果的です。

レシピを見る レシピ動画を見る