きのこのキキメ

飲みすぎ・二日酔い対策に
h1

二日酔いには、きのこの
「オルニチン」が効く

アルコールケアに効果がある栄養素といえば、肝臓の働きを助けてくれるオルニチン。肝臓の代謝や解毒作用をサポートするので、お酒を飲む時には特に効果があるといわれています。よく、「二日酔いには、シジミのお味噌汁がいい」といいますが、それはシジミにオルニチンがたっぷり含まれているから。でも、実は、ブナシメジやブナピーには、シジミの約5~7倍ものオルニチンが含まれている(※1)のです。きのこであれば、お味噌汁だけでなく、雑炊や鍋、サラダや炒め物など、さまざまなメニューに簡単に使えておすすめ! 飲み会が連日続くという時には、積極的に日々の食事にきのこを取り入れるとよいでしょう。また、お酒を飲む前にきのこ料理を意識的につまんでおくと、きのこに含まれる食物繊維がアルコールの吸収を防いでくれるので、さらに二日酔いの予防効果が期待できます。

※1:日本きのこ学会 第16回大会(2012年)にて発表

オルニチン

オルニチン

*測定値は全て遊離オルニチン量です。ホクト(株)調べ

 

お酒を飲む方のほとんどが、
ビタミンB1不足に陥っている

きのこに豊富に含まれるビタミンB1もまた、アルコールケアに有効な栄養素の1つです。ビタミンB1はアルコール代謝をする際に大量に消費されることから、飲酒後はビタミンB1が不足しがち。お酒を飲む方のほとんどがビタミンB1不足に陥っているといっても過言ではありません。アルコールを分解しきれないと二日酔いにもなりやすくなるので、お酒をよく飲むという方は、オルニチンと共にビタミンB1を積極的に摂取することを心がけましょう。

ビタミンB1

ビタミンB1

きのこ:ホクト(株)調べ  その他食品:七訂日本食品標準成分表より

 

食べ過ぎ・飲みすぎのキーワードをもっと詳しく!

今おすすめのきのこレシピ

きのことほうれん草のごちそうタルタル鮭フライ

春に向けた、花粉症対策メニュー!
きのこには、腸の免疫細胞を活性化させるβグルカンが豊富。また、エリンギには花粉症予防に効果的なIgAを増やす効果が、マイタケには抗アレルギー作用があります。更に、免疫力を高めるビタミンCを含むほうれん草、花粉症対策に効果的なアスタキサンチンを含む鮭をきのこと合わせることで、一層の効果が期待できるレシピです。

レシピを見る レシピ動画を見る