きのこのキキメ

運動のサポートに
h1

筋力アップと疲労回復に効果的

二日酔い予防のイメージが強いオルニチンですが、成長ホルモンの分泌を促す作用があるため、筋肉アップにも効果的です。さらに、肝臓の働きをサポートし、疲労物質の1つであるアンモニアの解毒を促進してくれる作用があるので、血中のアンモニア濃度の上昇を継続的に抑え、疲れにくい身体づくりをサポートしてくれます。運動の疲れを翌日に残さないためにも、疲労回復効果が期待できるオルニチンを意識的に摂るようにしましょう。オルニチンはシジミに豊富に含まれていることで有名ですが、実は、きのこにはその5~7倍もの量が含まれています。(※)
オルニチンは、きのこの中では特にブナシメジやブナピーに多く含まれているので、毎日の食事に取り入れて、おいしく食べながら筋力アップや疲労回復を図りましょう!

※1:日本きのこ学会 第16回大会(2012年)にて発表

オルニチン

オルニチン

*生鮮食品の為商品流通時の環境により数値が変動する可能性があります。

 

筋力アップには、きのこと良質な
タンパク質の組み合わせが最強

筋肉やエネルギーをつくるには「三大栄養素(タンパク質・脂質・糖質)」が欠かせませんが、その三大栄養素をうまく身体の中で代謝をさせるためには「潤滑栄養素(ビタミン・ミネラル)」が不可欠です。きのこは、この潤滑栄養素を豊富に含む食品。特に、きのこにたっぷり含まれているビタミンB群には、糖質や脂質からのエネルギーづくりをサポートしてくれる働きがあるため、スタミナ維持に効果を発揮してくれます。さらに、タンパク質の代謝を助ける働きも持つため、筋力アップにも効果的。筋肉量を増やしたい方は、きのこと一緒に、卵や魚、赤身肉、豆腐などの良質なタンパク質を摂るとよいでしょう。また、きのこにはカルシウムの吸収を促進する働きがあるビタミンDが豊富なため、骨や歯にカルシウムを沈着させたり、筋肉の発達に作用したりと丈夫な身体づくりにひと役買ってくれます。

運動のサポートのキーワードをもっと詳しく!

今おすすめのきのこレシピ

きのこで菌活×温活! きのこと生姜で免疫力アップの豚汁!

いつものお味噌汁を豚汁に変えて、ビタミンやタンパク質のバランスを整えましょう。強い身体を保つためには「潤滑栄養素=きのこ」を十分に補給し、食べたものからスムーズに熱をつくりだして、体を温め、免疫力をアップさせることが大切です。
きのこに豊富なナイアシンは血行を促進して身体を末端まで温めてくれるほか、体を温める効能のある根菜類やしょうがとの相性も抜群です。

レシピを見る レシピ動画を見る