きのこのキキメ

脳の活性化に
h1

きのこに含まれるビタミンB群が
複合的に脳を活性化

きのこに多く含まれるビタミンB群には、栄養素の代謝に働きかけると共に、神経伝達や神経細胞の働きを正常に保つ働きがあるため、脳に不可欠な成分といわれています。
たとえば、ビタミンB1には、脳の唯一のエネルギー源である“糖”を代謝し、脳にエネルギーを供給する働きがあるため、不足すると集中力の低下やイライラ等が引き起こされます。また、ナイアシン(ビタミンB3)の十分な摂取は、うつ病や統合失調症を改善に導くという実験結果も。ナイアシンの不足を防ぐことで、“幸せホルモン”であるセロトニンを増やす効果もあるので、精神的に安定し、集中力や持続力の向上につながります。この他にもきのこにはさまざまなビタミンB群が含まれ、複合的に脳の活性化を促します。

ビタミンB1

ビタミンB1

ビタミンB2

ビタミンB2

きのこ:ホクト(株)調べ
その他食品:七訂日本食品標準成分表より

 

リラックス作用のあるGABAの効果で、
集中力もアップ!

きのこに豊富なGABAはアミノ酸の一種。イライラの原因となるドーパミンや神経の高ぶりを抑え、リラックスさせる効果が期待できます。GABAを摂ると寝つきがよくなるため、深い睡眠を促したり、免疫力の低下を防いでくれるなど、ストレスの悪影響を和らげてくれるのです。GABAを特に多く含むのがブナシメジブナピー。その量は、ブナピーで乾燥100gあたり0.58g、ブナシメジで0.34gともいわれています。GABAによるリラックス効果が発揮されることで、集中力もアップ。落ち着いて物事を考えられるようになるなど、脳の活性化をサポートしてくれます。

今おすすめのきのこレシピ

きのこと長芋の塩麹わさび漬け

きのこと塩麹を使ったWで菌活ができる漬物です!身体に良い菌食材をとることで“健康の要”である腸がキレイになり、全身の健康につながります。またきのこと長芋に豊富な食物繊維が腸内の善玉菌のエサとなりさらに腸内環境を活性化。わさびがピリッときいた、おつまみにもオススメの漬物です。

レシピを見る