きのこのキキメ

夏バテ・熱中症予防に
h1

免疫力を上げて、暑さに負けない身体を手に入れる!

夏バテや熱中症の主な原因の一つに、屋内外の気温差や高温多湿な環境に身体が対応しきれないことによる“自律神経の乱れ”が考えられます。自律神経の調整に最も効果的なのは、身体の免疫機能を高めること。腸には免疫細胞の約6割が集中しているといわれているため、腸内環境を整えることで免疫機能を向上させることができます。便秘の予防や改善に効果のある食物繊維や、腸の免疫細胞を活性化して身体を守ってくれるβグルカンが豊富に含まれているきのこは、免疫機能に総合的に働きかけてくれる効果的な食品。毎日の食事に積極的に取り入れることで、夏バテや熱中症にかかりにくい強い身体を手に入れることができます。

ビタミンB群とカリウムの効果で疲労を回復

ただでさえ、夏は、汗と共に栄養素が外に流れ出やすい季節。暑さで食欲が落ちるからといって簡単な食事で済ませていると、栄養素がますます不足し、夏バテをさらに助長させてしまいます。疲労回復や疲労予防効果のある栄養素を上手に摂り入れることで、暑さに負けない身体を手に入れることができます。特に疲労回復効果が高いといわれているビタミンB群や、カリウムが不足すると、脱力感や倦怠感といった疲労感を引き起こしてしまうので、意識的に摂取するようにしてください。ビタミンB群もカリウムも、どちらもきのこからしっかり摂ることができます。

ビタミンB1

ビタミンB1

カリウム

カリウム

きのこ:ホクト(株)調べ  その他食品:七訂日本食品標準成分表より

夏バテ・熱中症予防のキーワードをもっと詳しく!

今おすすめのきのこレシピ

きのこのピリ辛 香味ソテー焼きなす

朝晩の冷え込みや冷房などで身体が冷えやすい時期は、食事から冷え予防♪
きのこに豊富なビタミンB1は、糖質の代謝を助けエネルギーや熱をつくる働きが期待できます。また、ニンニクのアリシンにはビタミンB1の働きを高める効果が、なすのナスニンには抗酸化作用があり、血液をサラサラにすることで代謝向上を後押しします。

レシピを見る レシピ動画を見る