きのこのキキメ

子どもの成長に
h1

ビタミンDが、
元気な歯や骨づくりをサポート

育ち盛りの時期にしっかり摂っておきたいのがビタミンD。ビタミンDには、骨や歯を作るカルシウムの吸収を助ける働きがあり、子どもの成長には欠かせない栄養素として知られています。ビタミンDは日光を浴びることで体内で合成することができますが、野菜類にはほとんど含まれていないため、食品から摂取しようとした場合は、ごく限られたものからしか摂ることができません。ビタミンDを多く含む食品といえば、きのこや魚類が代表的。とりわけマイタケに多く含まれています。カルシウムの吸収を促進すると共に、骨や歯にカルシウムを沈着させる働きや筋肉の発達にも作用するビタミンDには、免疫細胞を活性化させるという新たな効果も見つかっているので、子どもだけでなく大人も積極的に摂取しておきたいところです。

 

健やかな子どもの成長を
オルニチンが応援

成長ホルモンの分泌を促し、新陳代謝を活発にするオルニチンもまた、成長期の子供に欠かせない栄養素です。きのこにはこのオルニチンが豊富に含まれているのですが、特に、ブナシメジブナシメジ にたっぷり含まれているので、積極的に食事に取り入れるとよいでしょう。オルニチンには、エネルギー産生を妨げるアンモニアの分解効果があるので、意識的に摂ることでエネルギーの産生をスムーズにすることができます。十分なエネルギーが供給されることで、スポーツや勉強などの集中力維持にもつながります。

オルニチン

オルニチン

*生鮮食品の為商品流通時の環境により数値が変動する可能性があります。

 

子どもの成長のキーワードをもっと詳しく!

今おすすめのきのこレシピ

きのことなすのスタミナ漬け

パパッとできる漬け物でスタミナアップ!
きのこにはエネルギーの素となる糖質の代謝を促すビタミンB1が豊富に含まれます。また、にんにくに含まれるアリシンがビタミンB1の働きを高めることで、夏バテ解消を後押し!さらにナスに豊富なカリウムが余分な水分と共に熱を排出するので、暑い時期のごはんのお供にオススメの1品です。

レシピを見る