close
きのこのキキメ

冷え対策
h1

冷えを引き起こす血行不良の問題は、
きのこで解決!

冷え症の主な原因である血行不良を改善するには、きのこに含まれる葉酸(ビタミンB9)の摂取がおすすめです。“造血ビタミン”の異名を持つ葉酸は、赤血球の生成に大きく関わっているため、意識的に摂ることで血行が改善され、冷えを防いでくれるのです。同様に、きのこに豊富なナイアシン(ビタミンB3)にも血流をよくする働きがあるので、身体を温めてくれる効果が期待できます。
葉酸やナイアシンをはじめとするビタミンB群は、きのこにたっぷり含まれている栄養素。ビタミンB群は代謝アップに効果的で、エネルギーの産生を促して体温を上げる働きがあるため、冷えで悩む方はきのこを毎日の食事に取り入れるとよいでしょう。

糖分や塩分の摂り過ぎにも要注意!

暴飲暴食による糖分や脂肪分、塩分の摂り過ぎも血行不良の原因に。糖分や塩分を摂り過ぎると血液がドロドロになり、細部まで血流がいきわたらなくなってしまいます。そんなときにはきのこに豊富な食物繊維を先に食べることがオススメ。食物繊維が糖や脂肪の吸収を緩やかにすることで、血行への影響を緩和します。またきのこは旨味成分が豊富に含まれるため、旨味を活かすことで、料理の中の糖質・脂質・塩分を控えるサポートをします。きのこで健康的な食生活を送ることで、冷えを予防していきましょう。

葉酸

葉酸

きのこ:ホクト(株)調べ
その他食品:七訂日本食品標準成分表より