ログイン

ホクトの安全・安心への取り組み

放射性物質検査

きのこの放射性物質検査

原子力災害対策本部が求める検査対象自治体の宮城県産、新潟県産、長野県産、静岡県産のきのこを対象に、ヨウ素-131、セシウム-134、セシウム-137についての放射性物質検査を毎月定期的に実施しています。
平成29年8月実施の検査で放射性物質が検出されないことを確認しております(平成29年8月更新)。

自主検査

きのこの放射性物質検査

包装されたきのこは、目視により1パックずつ品質チェックを行い、異物の混入および商品に問題がないかを確認します。検品を終えて箱詰めした商品は、全て金属検出機による検査を行い、出荷されます。
また、各きのこセンター間で品質に差のない、良質なきのこが生産されていることを確認するため、全きのこセンターのきのこについて、官能検査などの品質確認を定期的に行っています。

衛生検査の実施

きのこセンター内は、整理・整頓・清掃・清潔(4S)が大原則です。
ホクトでは4Sに関して、マニュアルを作成し、定期的に微生物検査等の衛生検査を行っています。

衛生検査の実施