ログイン

きのこレシピ

マイタケと鮭のとろーり煮

肌ストレスを予防する「ビタミンB群」でしっかりアンチエイジング!(レシピ:料理研究家 浜内千波)

マイタケと鮭のとろーり煮

このレシピを保存

使用きのこ

調理時間10分

エネルギー154 kcal(1人分)

マイタケと鮭のとろーり煮

材料4人分

  • マイタケ

    100g

  • ブナピー

    100g

  • 2切れ

  • ブロッコリー

    120g(1/2個)

  • 牛乳

    1カップ

  • 味噌

    大さじ4弱

  • 3カップ

  • 水溶き片栗粉

    大さじ4

つくり方

  1. ブナピーは石づきを切って、マイタケとともに大ぶりにほぐす。鮭は大きめの一口大に切る。ブロッコリーは小房に切り分ける。

  2. 鍋に水を入れてひと煮立ちしたら、きのこ・鮭を入れフタをして中火で煮る。

  3. (2)にブロッコリーを入れてさっと火を通したところに牛乳・味噌を溶き入れて、水溶き片栗粉を加える。

  4. 全体にとろみがついたら、器に盛りつける。

菌活ポイント

スポーツ選手に多いケガのひとつに疲労骨折がありますが、予防するために大切なことは骨を丈夫に保つこと。きのこに豊富なビタミンDは骨の主成分であるカルシウムの吸収を高めるので、カルシウムが豊富な牛乳と合わせて摂ることでより効果的な骨づくりが期待できます。また、合わせるブロッコリーに含まれるビタミンCは疲労回復に効果があるため、疲れからくるケガの予防にも効果的です。