ログイン

きのこレシピ

きのこの冷製味噌シチュー

きのこ×味噌のW菌活メニュー♪きのこのビタミンDが免疫力をアップ! 肝臓の働きを助けるオルニチンも豊富で、二日酔い対策にも!

きのこの冷製味噌シチュー

このレシピを保存

使用きのこ

調理時間15分

エネルギー274 kcal(1人分)

きのこの冷製味噌シチュー

材料4人分

  • ブナシメジ

    100g

  • ブナピー

    100g

  • ウインナー

    6本

  • バター

    20g

  • 枝豆

    60g

  • トマト

    小1個

  • 牛乳

    600cc

  • 味噌

    40g

  • 白ワイン

    大さじ2

  • 小麦粉

    大さじ1強

  • こしょう

    少々

つくり方

  1. ブナシメジ・ブナピーは石づきを切り小房にほぐす。ウインナーは、一口大に切る。

  2. フライパンにバターを熱し、きのこ・ウインナーを炒める。

  3. 枝豆は茹でて、殻から出しておく。トマトは1.5cm角に刻む。

  4. 鍋に牛乳200cc・味噌・白ワイン・小麦粉を入れかき混ぜながらサっと煮立たせ火を止める。

  5. ボウルに残りの牛乳と(2)・(3)・(1)を混ぜ合わせ、こしょうをふる。冷蔵庫で冷やしたら器に盛る。

菌活ポイント

ケガをしない身体を作るためにも丈夫な骨づくりが必要不可欠。きのこを食べてケガに負けない丈夫な骨づくりをしましょう!
きのこには骨の主成分となっているカルシウムの吸収を高めてくれる栄養素ビタミンDが豊富に含まれています。カルシウムはもともと吸収率の低い栄養素ですが、ビタミンDが豊富なきのこと一緒に摂ることで吸収率を高めることができます。また、きのこ×味噌のW菌活メニューなので、腸の善玉菌を増やし、腸内環境改善も期待できます。