close
菌活辞典

オルニチン
h1

肝臓の働きを助けてくれるオルニチンは、アルコールケアや疲労回復に効果的。成長ホルモンの分泌を促すことから基礎代謝の向上も期待できる、頼もしい成分です。

アルコールケアの強い味方

オルニチンは肝臓の働きを助けるアミノ酸。肝臓の代謝や解毒作用をサポートするので、お酒を飲む時に特に効果を発揮し、アルコール性の疲労予防に作用してくれます。さらに、オルニチンには成長ホルモンの分泌を促す働きも。成長ホルモンが分泌されると基礎代謝が上がり、体内のさまざまな器官が活発に働くようになるため、身体を総体的に元気にしてくれるのです。また、オルニチンは疲労のもととなるアンモニアの分解にも効果的。オルニチンを摂ることで、疲れをためこまない元気な身体を手に入れることができます。

美肌にも効果を発揮!

オルニチンには、細胞の新陳代謝を向上させ、お肌のターンオーバーを整える働きがあります。きのこに豊富なビタミンB2との相乗効果でお肌の状態が改善され、ツヤ肌づくりをサポートします。

きのこのオルニチン含有量は、なんとシジミの5~7倍!

オルニチンを多く含む食材といえばシジミが有名ですが、なんときのこにはシジミの5~7倍ものオルニチンが含まれています。シジミ100gあたりのオルニチン含有量が20㎎なのに対して、きのこ100gあたりに含まれるオルニチンの量は、ブナシメジブナピーで約100㎎(ホクト調べ)。オルニチンの摂取には、きのこを意識的に食べることがおすすめです。

≪参考文献≫
・小松美穂,オルニチンの機能性研究,食品と開発,40巻11号,2005-11-01,62-64
・Kokubo T. et al., A randomized, double-masked, placebo-controlled crossover trial on the effects of L-ornithine on salivary cortisol and feelings of fatigue of flushers the morning after alcohol consumption, Biopsychosoc. Med., 2013, 7(1), 6