菌活辞典

GABA
h1

GABAとはγ-アミノ酪酸のこと。近年、抗ストレス作用をもつことで注目されている神経伝達物で、ドーパミンなどの興奮系の神経伝達物質の過剰分泌を抑えてリラックス状態をもたらしてくれます。GABAを多く含む食品は、きのこの他、発芽玄米、トマトなどが有名です。

イライラを抑えて、リラックス効果をもたらす

GABAには、ストレスや運動により興奮状態になった時に脳内に分泌されるアドレナリンの分泌抑制効果があり、イライラや神経のたかぶりを抑えてリラックス効果をもたらしてくれます。寝つきがよくなり深い睡眠がとれたり、免疫力の低下を防いだりと、うれしい効果がたくさんあるのです。

食品からGABAをとるなら、断然きのこ!

実は、私たちの体内にも存在するGABAですが、食べ物からも摂取できることが分かっています。その代表ともいえるのがきのこ。特に多いのがブナシメジやブナピーです。その量は、ブナピーで乾燥100gあたり0.58g、ブナシメジで0.34g。きのこには、ビタミンやミネラルだけでなく、このGABAもたっぷり含まれているのです。きのこを常備菜としてストックしておくと、ストレスによる悪影響を日常的に防いでくれるので、ストレスを感じた時は、きのこ料理を食べてみてはいかがですか?

きのこのGABAが効果を発揮、きのこのキキメ

今おすすめのきのこレシピ

きのこと根菜のまろやか味噌鍋

秋はついつい食べ過ぎてしまう‥という方、旬食材たっぷりのヘルシー鍋をどうぞ!
きのこは100g 20kcalと低カロリーなうえ、食物繊維が豊富なので、噛む回数が増えて満腹感が得られやすくなります。また、旬食材のごぼうやさつまいもにも食物繊維が豊富。低カロリーで腸内環境改善にも役立ちます。
味噌と牛乳の優しい味わいが寒くなる時期にぴったりなあったか鍋料理です。

レシピを見る レシピ動画を見る