菌活辞典

ビタミンD
h1

「現代人に不足しがち」といわれている栄養素の代表格がカルシウムですが、その吸収率を高めてくれるのがビタミンDです。ビタミンDには、腸や腎臓からのカルシウムの吸収を促進したり、骨を強くする働きがあります。

子どもの成長や骨粗しょう症予防に欠かせない!

育ち盛りの子どもに欠かせない栄養といえばカルシウム。カルシウムは骨の健康に欠かせない栄養素ですが、体内への吸収率がとても低く、意識的に摂取をしたとしても身体になかなか吸収されません。その吸収をサポートしてくれるのが、きのこに豊富に含まれるビタミンD。ビタミンDには、カルシウムの吸収を促進する働きがあるため、丈夫な骨を維持できたり、筋肉の発達に作用したりといった、さまざまな効果が期待できます。カルシウムとその吸収を助けるビタミンDは、骨量がピークを迎える20歳までの間に積極的に摂ることが望ましいのですが、年配になってからも摂取を心がけることで骨量が下がるペースが落ち、骨の健康を長く保つことができます。

継続的な菌活でカルシウムの吸収量の底上げを!

ビタミンDは日光を浴びることで体内で合成することができますが、食品から摂取しようとした場合は、きのこや魚類など、ごく限られたものからしか摂ることができません。ビタミンDは、特にマイタケに多く含まれているので、継続的な菌活で、不足しがちなカルシウムとビタミンDの底上げを図りましょう。たとえば、牛乳やヨーグルトのようにカルシウムを豊富に含む食材とビタミンDの多いきのこを組み合わせると、効率よくカルシウムを摂取することができます。

きのこのビタミンDが効果を発揮、きのこのキキメ

今おすすめのきのこレシピ

きのことチーズのタラモサラダ

“5月病”を吹き飛ばす、心身共に元気になれるメニュー!
きのこには、リラックス効果が期待できるGABAが豊富。また、神経が集まる“腸”の調子を整える食物繊維が多く、この時期乱れやすい自律神経の正常化もサポートします。さらに、じゃがいもには抗ストレスホルモンの生成に不可欠なビタミンCが、チーズにはイライラの解消に役立つとされるカルシウムが含まれるので、このメニューで春のストレスを吹き飛ばしましょう!

レシピを見る レシピ動画を見る