菌活辞典

低カロリー
h1

水分が約90%を占めるきのこは、100g食べても約20kcal以下ととても低カロリー。旨味が強く歯応えがあるので、ヘルシーながら満足感や満腹感を得ることができます。

歯応え+腹持ちのよさで満腹感が持続

100g約20kcalと低カロリーなきのこならば、たくさん食べても大丈夫。“ごはん1杯分のカロリー=きのこ約15パック分”とカロリーが低いことに加え、シャキシャキ、コリコリとした歯応えがあり、噛む回数が増えることで満腹感が得られやすいのも特徴です。また、食物繊維が豊富なので腹持ちもよく、ダイエットに最適。毎日の食事にきのこを取り入れれば、無理なく健康的な食生活を続けることができます。

きのこの低カロリーが効果を発揮、きのこのキキメ

今おすすめのきのこレシピ

きのこの洋風白和え

徐々に気になり始める花粉症。早めの対策で、症状の緩和を叶えるメニューです。
きのこに豊富な食物繊維は、腸の調子を整えることで免疫力を高め、花粉症の症状を緩和します。また、エリンギのIgA増加効果、マイタケの抗アレルギー効果でさらに効果アップ。小松菜のβカロテンも免疫力を高める作用があるため、春色のこのメニューで、おいしく花粉症対策をはじめましょう!

レシピを見る レシピ動画を見る