ログイン

きのこレシピ

生どんこ&霜降りひらたけのソテー ハーブカレーソース 桜海老を散らして

定番のキノコのソテーをグレードアップ♪ (考案:フレンチレストラン「レグリス」波多野 猛シェフ)

生どんこ&霜降りひらたけのソテー ハーブカレーソース 桜海老を散らして

このレシピを保存

使用きのこ

調理時間

30分

エネルギー

367kcal

塩分相当量

0.8g

※エネルギー、塩分は1人分

生どんこ&霜降りひらたけのソテー ハーブカレーソース 桜海老を散らして

材料2人分

  • 一番採り 生どんこ

    L4個

  • 霜降りひらたけ

    1パック

  • サラダ油

    大さじ1

  • 桜海老(乾燥)

    5g

  • <ソース>

  • 無塩バター

    10g

  • にんにく(みじん切り)

    1片分

  • 玉ねぎ(みじん切り)

    1/6個分

  • カレー粉

    5g

  • 白ワイン

    100ml

  • チキンブイヨン(コンソメでも可)

    100ml

  • 生クリーム

    100g

  • ひとつまみ

  • こしょう

    適量

  • お好みのハーブ(みじん切り)

    適量

つくり方

  1. ソースを作る。鍋にバター(半量)、にんにくを入れて加熱し、香りが出できたら、玉ねぎを入れて、色がつかないようにゆっくり炒める。カレー粉を加えて粉っぽさがなくなるまで炒めたら、白ワインを加えて水分がなくなるまで煮詰める。

  2. (1)にチキンブイヨンを入れて1/2量まで煮詰めて漉す。生クリーム、残りのバター、塩、こしょうで味を調える。粗くみじん切りにしたハーブ(エストラゴン、セルフィーユ、ディルなど)を加え混ぜる。

  3. 半分にカットした生どんこと、小房にほぐした霜降りひらたけをサラダ油でさっとソテーし、塩、こしょうで味を調える。

  4. 皿に(3)を盛り、(2)を流し、粗くみじん切りにした桜海老を振る。

菌活ポイント

定番のソテーにひと手間かけてソースと季節感をプラスすることで、洗練された料理になります。風味がしっかりしている一番採り 生どんこと霜降りひらたけは香り高い一皿に仕上げたいので、カレーとハーブの香るクリームソースを添え、春らしく桜海老を散らしました。魚介のソテーのつけ合わせ兼ソースにもなります。ハーブは入れる直前に包丁で粗くみじん切りにし、なおかつ、ソースの仕上げに入れることで香りが生きます。