ログイン

きのこレシピ

霜降りひらたけのとろ玉丼

霜降りひらたけのとろ玉丼

このレシピを保存

使用きのこ

調理時間45分

エネルギー872 kcal(1人分)

霜降りひらたけのとろ玉丼

材料4人分

  • 霜降りひらたけ

    2パック

  • 玉ねぎ

    大1個

  • キャベツ

    200g

  • 【A】酒

    200ml

  • 【A】みりん

    200ml

  • 【A】しょうゆ

    200ml

  • 【A】砂糖

    大さじ1・1/3

  • 【A】ウスターソース

    大さじ1

  • 【A】かつお節

    10g

  • 揚げ油

    適量

  • 小麦粉

    適量

  • 2個

  • 生パン粉

    適量

  • ごはん

    800g

  • 温泉卵(市販品)

    4個

つくり方

  1. 霜降りひらたけは小房にほぐす。玉ねぎは繊維にそって薄めのスライスにする。キャベツは千切りにする。

  2. 鍋に、【A】の酒とみりんを入れ煮切る。そこに残りの【A】を加え少し煮つめたら、火を止めて粗熱をとる。粗熱がとれたら、茶こしやさらしで濾す。

  3. フライパンでサラダ油を熱し、玉ねぎを炒める。キャベツは耐熱皿に乗せて、ラップはかけずに電子レンジ(600w)で1分程加熱する。

  4. 霜降りひらたけに、小麦粉、卵、パン粉の順に衣をつけ、油で揚げてフライを作る。

  5. 揚げた霜降りひらたけが熱々のうちに(2)にさっと漬ける。

  6. 丼にごはん、玉ねぎ、キャベツの順に盛り、(2)を軽くまわしかけ、霜降りひらたけのフライを並べて温泉卵を落とす。

菌活ポイント

和食のプロも絶賛する霜降りひらたけで、腸内をキレイに!
きのこに豊富な食物繊維は、全身の免疫細胞の約7割が集まる腸を整えることで、免疫力アップに役立ちます。またきのこ特有のβグルカンも体調管理をサポートします。さらに食物繊維は善玉菌のエサとなるので、腸内環境を良好に。肉厚の霜降りひらたけをカツにすることで、食感がクセになる一品です♪