ログイン

きのこレシピ

霜降りひらたけと浅利の黄身酢かけ

旬のあさりを、霜降りひらたけと一緒に。 霜降りひらたけの香りや旨味に、あさりの風味、コクのある黄身酢がよくあいます。黄身酢は「酢」という名前がついているものの、そこまで酸味は強くないので、風味豊かに素材の味を引き立てます。日本酒と一緒にお楽しみいただきたい、旬の一品です。

霜降りひらたけと浅利の黄身酢かけ

このレシピを保存

使用きのこ

エネルギー110 kcal(1人分)

霜降りひらたけと浅利の黄身酢かけ

材料4人分

  • 霜降りひらたけ

    1パック

  • 【A】だし汁

    1カップ

  • 【A】薄口しょう油

    大さじ1

  • 【A】みりん

    大さじ1

  • あさり

    大12粒

  • 酒(あさりの酒蒸し用)

    適量

  • アスパラ

    6本

  • (黄身酢)

  • 【B】卵黄

    4個分

  • 【B】酢

    小さじ2

  • 【B】薄口しょう油

    小さじ2

  • 【B】みりん

    小さじ2

  • からし

    お好みで

  • みょうが

    2個

つくり方

  1. 霜降りひらたけは小房にほぐし、【A】を合わせたもので1分ほど茹で、火を止めておく。 あさりは砂出しをして、鍋に入れ、酒を振りかけて酒蒸しにて、身を取り出しておく。

  2. アスパラは茹でて軽く塩(分量外)を振り、冷めたら5cmに切る。

  3. 【B】を混ぜ合わせ、とろみが出るまで湯煎にかけ、冷ましてからしを混ぜる。

  4. 器に具材を盛り、(3)と刻んだみょうがを乗せる。

菌活ポイント

乾燥が気になるときは美肌ケアが欠かせません。いつもより贅沢な気分を味わえる霜降りひらたけで、おいしく美肌対策をしましょう!きのこは肌の再生に必要なビタミンやミネラルが豊富なため、肌の新陳代謝を促します。また、卵黄とあさりにも皮膚や粘膜をつくるビタミンB群が豊富なので、さらに効果がアップ!黄身酢と存在感のある霜降りひらたけがマッチした一品です。