ログイン

きのこレシピ

菌活いなり寿司

屋外でのスポーツ時には、手軽に食べられる料理が良いですよね!そんなときには、きのこに加え、お肉や大豆、ご飯と様々な食材を一度に食べられる、栄養素たっぷりのいなり寿司がおすすめです!

菌活いなり寿司

このレシピを保存

使用きのこ

調理時間30分
ご飯を炊く時間を含まない 

エネルギー630 kcal(1人分)
 

菌活いなり寿司

材料4人分

  • マイタケ

    100g

  • ブナシメジ

    100g

  • 鶏ひき肉

    150g

  • しょうが

    小1片

  • 【A】しょう油

    大さじ2

  • 【A】みりん

    大さじ1

  • 【A】砂糖

    小さじ1

  • 2合

  • 寿司酢

    大さじ4弱

  • ごま(白)

    大さじ1

  • 油揚げ

    7枚

  • 【B】めんつゆ(3倍濃縮)

    大さじ4

  • 【B】砂糖

    大さじ3

  • 【B】水

    300ml

つくり方

レシピ動画

  1. 【いなり揚げ】油揚げを半分に切り、油抜きをする。

  2. 小鍋に【A】の材料を煮立て、(1)の油揚げを入れ、落し蓋をして煮汁が半分くらいになるまで弱火で煮詰め、浸しておく。

  3. 【具入り酢飯】米2合をやや少なめの水加減で炊く。 ブナシメジは石づきを取り、マイタケとともに小房にほぐす。 しょうがは千切りにする。

  4. フライパンを熱し、鶏ひき肉と生姜を入れてそぼろ状になるように炒る。

  5. (4)に(3)のマイタケとブナシメジを加え、適度にほぐしながら炒め、【B】の調味料を加えたら汁気が完全になくなるまで煮詰め、粗熱をとる。

  6. 炊きあがった米に寿司酢を合わせ入れ、酢飯をつくる。

  7. (6)に(5)と白ごまを切るように混ぜ込む。

  8. いなり揚げの中に(7)を詰め、お好みでにんじんや絹さやを飾る。

菌活ポイント

慌ただしい遠征のときには、手軽に食べられる菌活いなりはいかがですか? エネルギーの素となるごはんの糖質とその代謝に必要なきのこのビタミンB1を一緒に摂れるこの一品はエネルギー補給にピッタリ。きのこの旨味とお酢の酸味で食べやすいのもポイントです。お揚げとひき肉のタンパク質も摂れるので、運動後の身体のケアにもオススメです。