ログイン

きのこレシピ

きのこと蕪のとろとろ鍋

とっても優しい味!からだを温める蕪ときのこを合わせてぽかぽかに♪(レシピ:料理研究家 浜内千波)

きのこと蕪のとろとろ鍋

このレシピを保存

使用きのこ

調理時間15分

エネルギー247 kcal(1人分)

きのこと蕪のとろとろ鍋

材料4人分

  • エリンギ

    200g

  • ブナピー

    200g

  • かぶ

    4個

  • 白菜

    400g

  • 豚肉(しゃぶしゃぶ用)

    200g

  • 4個

  • 3カップ

  • 小さじ2

  • こしょう

    適宜

つくり方

  1. ブナピーは石づきを切り小房に分け、エリンギは食べやすい大きさに切る。白菜はざく切りにする。

  2. 皮のついた蕪をすりおろし、軽くしぼる。(蕪汁も使うのでとっておく)

  3. 鍋に水・白菜・蕪汁を入れ、一煮立ちさせたところに塩・こしょうをし、豚肉・きのこを入れ火を通し、卵を割りほぐして、回し入れる。

  4. すりおろした蕪を上にのせる。

菌活ポイント

しなやかな動きを実現するにはトレーニングと合わせて、筋力アップができる食事を選ぶことが大切です。このレシピは、筋肉の素となるタンパク質が豊富な豚肉とその代謝に欠かせないビタミンB6を含むきのこを合わせて摂ることで、効率の良い筋肉づくりをサポートします。また、タンパク質の完全栄養食と呼ばれる卵でとじるので、栄養価が更に高まり、ボリュームもあるアスリートメニューです。