ログイン

きのこレシピ

きのこと夏野菜の菌活鍋

夏こそきのこで「菌活鍋」がおすすめ! 火が通りやすい食材を揃えているので、加熱時間が短くて◎ (レシピ:浜内千波)

きのこと夏野菜の菌活鍋

このレシピを保存

使用きのこ

調理時間20分

エネルギー110 kcal(1人分)

きのこと夏野菜の菌活鍋

材料4人分

  • エリンギ

    100g

  • マイタケ

    100g

  • ブナピー

    100g

  • ブナシメジ

    100g

  • 豚肉

    100g

  • トマト

    1個

  • なす

    1本

  • レタス

    2/3玉

  • ピーマン

    2個

  • しょうが

    1片

  • 600ml

  • 小さじ1・1/2

  • こしょう

    適量

つくり方

  1. ブナシメジ、ブナピーは石づきを切り、マイタケと共に小房に分ける。エリンギは食べやすい大きさに切る。

  2. トマト、なす、ピーマンは食べやすい大きさに切る。レタスは食べやすい大きさにちぎる。しょうがは千切りにする。豚肉は熱湯にさっとくぐらせ、アクを抜く。

  3. 鍋に水を入れ、(1)を入れて沸騰したら、(2)を加えてひと煮立ちさせ、塩、こしょうで味を調える。

  4. ※〆にパスタやごはんを入れ、しょう油などで味を調えるのがオススメです。

菌活ポイント

効き過ぎた冷房による“冷え”は体調不良の原因となるので注意が必要です。きのこには熱を生み出すエネルギーづくりに欠かせないビタミンB群が豊富なので身体を冷やしにくくします。また、ナイアシンが豊富なので温活にも◎。また、しょうがは身体を温める成分が含まれるのでWで体調管理をサポートします。野菜やきのこがたっぷりで栄養満点なこの菌活鍋で、夏の不調対策をしましょう!