ログイン

きのこレシピ

きのこの海鮮あんかけ焼きそば

きのこと海鮮の旨味を閉じ込めた餡がおいしい!

きのこの海鮮あんかけ焼きそば

このレシピを保存

使用きのこ

調理時間20分

エネルギー466 kcal(1人分)

きのこの海鮮あんかけ焼きそば

材料4人分

  • マイタケ

    100g

  • ブナシメジ、ブナピー

    各50g

  • アサリ(殻付き)

    160g

  • 海老

    12尾

  • いか(切り身)

    180g

  • にんじん

    60g

  • 白菜

    200g

  • 長ねぎ

    1本(100g)

  • 大さじ2

  • 600cc

  • 片栗粉(大さじ4の水で溶く)

    大さじ2

  • ごま油

    小さじ1/2

  • 【A】しょう油…大さじ1/2、塩…小さじ1、オイスターソース…小さじ1

  • 蒸し焼きそば

    4玉

  • ごま油

    大さじ2

つくり方

  1. ブナシメジ、ブナピーは石づきを切って、マイタケと一緒に小房に分けておく。海老は背ワタを取り、いかは皮を剥いて食べやすい大きさに切る。にんじんは薄切り、白菜は3〜4cmの拍子木切り、長ねぎは斜め切りにしておく。

  2. 蒸し焼きそばは、沸騰した湯で軽く湯がき、水気を切って、ごま油を敷いたフライパンで、両面をカリっと焼きあげる。

  3. フライパンに水と殻付きのアサリ、酒を入れて蓋をして火をつけ、沸騰してアサリの口が開いたら、海老といかも入れてサッと茹で、汁を残して取り出したら海老の殻を剥いておく。

  4. (3)の茹で汁に、にんじん、白菜、長ねぎを入れて煮たら、【A】の調味料で味をつけ、(3)の魚介類を戻して片栗粉でとろみをつけ、ごま油を垂らす。

  5. (2)の焼きそばに(4)の海鮮あんをかけてできあがり。

  6.   【Point】アサリも海老も殻付きで茹でることで、うま味のあるスープが出てきます。アサリは水から海老はお湯から入れるのが、生臭くならないポイントです。

菌活ポイント

スポーツをしているときは身体だけでなく頭もエネルギーを使っているので、しっかりと糖質を補給したいもの。競技中に集中力を途切れさせないためにも、3食しっかりとバランスのとれた食事を心掛けましょう!きのこのビタミンB1はエネルギーの素となる糖質の代謝を助けるので、脳で使われるエネルギーを効率よく作り出してくれます。また、魚介ときのこを合わせることで旨味の相乗効果も期待できるため、おいしくエネルギーチャージができる1品です。