ログイン

きのこレシピ

エリンギとブナピーの潮汁

素材から出るだしをいかしたお吸い物です。(きのこだし活用レシピ)

エリンギとブナピーの潮汁

このレシピを保存

使用きのこ

調理時間30分

エネルギー23 kcal(1人分)

エリンギとブナピーの潮汁

材料4人分

  • エリンギ

    100g

  • ブナピー

    100g

  • ハマグリ

    8個

  • 三つ葉

    1把

  • 【A】だし昆布(7cm角)

    1枚

  • 【A】水

    1000ml

  • 【A】酒

    大さじ1

  • 小さじ2/3

つくり方

  1. ブナピーは石づきを切り小房に分け、エリンギは長さを半分にして薄切りにする。三つ葉は長さ3cmに切る。

  2. 鍋に【A】を合わせて20分ほどおき、火にかける。沸々してきたら昆布を取り出し、ハマグリときのこを入れる。

  3. はまぐりの殻が開いたら塩で味を調え、三つ葉を加えてひと煮立ちさせる。

菌活ポイント

きのこに豊富なうま味を活かしたシンプルなお吸い物をご紹介。きのこにはグアニル酸やグルタミン酸といったうま味成分が豊富に含まれるため、料理に活かすことで減塩効果が期待できます。また貝類にもうま味が豊富なので一緒に摂ることでさらに効果がアップ。塩のみの味付けで満足感のある一品に仕上がります。