ログイン

きのこレシピ

きのことツナのスパゲッティ 木こり風ソース

ごろごろきのこでうま味たっぷり。 (考案:イタリアンレストラン MANSALVA(マンサルヴァ) 高橋 恭平シェフ)

きのことツナのスパゲッティ 木こり風ソース

このレシピを保存

使用きのこ

調理時間

20分

エネルギー

906kcal

塩分相当量

1.8g

※エネルギー、塩分は1人分

きのことツナのスパゲッティ 木こり風ソース

材料4人分

  • 一番採り生どんこ

    L1パック

  • 霜降りひらたけ

    1パック

  • 【A】白ワインビネガー(米酢でも可)

    200ml

  • 【A】水

    200ml

  • 【A】塩

    小さじ2

  • 【B】ツナ缶

    4缶

  • 【B】酢漬けケーパー(グリーンオリーブでも可)

    30g

  • 【B】オリーブオイル

    200ml

  • スパゲッティ(またはスパゲッティーニ)

    480g

  • 塩、こしょう

    適量

つくり方

  1. 生どんこは1/4にカットし、霜降りひらたけは手で大きめにさく。

  2. 鍋に【A】を入れて沸騰させ、(1)を入れてよくかき混ぜ、火を消して3分ほどおく。

  3. 大きめのボウルに【B】、(2)のきのこ、塩、こしょうを入れてよく混ぜる。

  4. スパゲッティを、袋に記載してある茹で時間よりも1分半長く茹で、ザルにあげてよく湯を切る。

  5. (4)を(3)に入れて和え、皿に盛る。

菌活ポイント

森の食材であるきのことツナを取り合わせたパスタを「木こり風(ボスカイオーラ)」といいます。イタリアの家庭では、きのこを酢水でゆで、オリーブオイルに漬けて保存しておき、パスタやサラダ、魚やお肉料理のつけ合わせなどいろいろな料理に活用しますので、多めに作っておけばとても便利です。お好みでトマトを加えるのもオススメです。