ログイン

きのこレシピ

一番採り生どんこと冬野菜のラタトゥイユ

材料を一緒にコトコト煮るだけ (考案:フレンチレストラン 「リアン」 上原 浩一シェフ)

一番採り生どんこと冬野菜のラタトゥイユ

このレシピを保存

使用きのこ

調理時間15分

エネルギー211 kcal(1人分)

一番採り生どんこと冬野菜のラタトゥイユ

材料2人分

  • 【A】一番採り 生どんこ

    L1パック

  • 【A】れんこん(1cm幅のいちょう切り)

    4個

  • 【A】かぶ(4等分のくし形)

    4個

  • 【A】ごぼう(斜め切り)

    6切れ

  • 【A】トマト(2cm角のざく切り)

    大2個分

  • ブロッコリー(小房)

    6個

  • パセリ(みじん切り)

    少々

  • オリーブオイル

    大さじ2

  • ひとつまみ

  • 砂糖

    ひとつまみ

つくり方

  1. 生どんこは軸ごと半分に切る。ブロッコリーは塩茹でする。

  2. オリーブオイルを鍋で熱し、弱火にして【A】、塩、砂糖を入れてフタをし、かき混ぜながら10分ほど煮る。仕上がる1分前に(1)を入れて混ぜ合わせる。

  3. (2)を皿に盛り、パセリをあしらう。

菌活ポイント

ラタトゥイユはフランス・プロヴァンス地方のニース発祥の伝統的な野菜料理ですが、今では地方を問わずにポピュラーになっています。オリーブオイルと野菜から出る水分だけで煮込んで作るところに一番採り生どんこを加えれば、生どんこのうま味が出てより美味しくなります。今回は旬の根菜類を使い、食感が残るように仕上げましたが、野菜の種類やかたさはお好みでアレンジしてください。温かいままはもちろん、冷たくして食べてもOKです。