ログイン

きのこレシピ

霜降りひらたけと蕪の薬膳粥

とろりとした蕪と霜降りひらたけの食感がクセになるおいしさ。 (レシピ:料理研究家 浜内千波)

霜降りひらたけと蕪の薬膳粥

このレシピを保存

使用きのこ

調理時間30分

エネルギー169 kcal(1人分)

霜降りひらたけと蕪の薬膳粥

材料2人分

  • 霜降りひらたけ

    1パック

  • かぶ

    1個(80g)

  • 1/2カップ(85g)

  • 600ml

  • 小さじ1/2

つくり方

レシピ動画

  1. 霜降りひらたけは小房にほぐす。かぶの根は皮をむき4等分に切り、葉は小口切りにする。米は研いでザルにあげて水を切る。

  2. 鍋に水、米、かぶ、霜降りひらたけを入れ加熱し、沸騰後弱火にしフタを少しずらして15分火にかける。

  3. 塩を入れさっと混ぜ、火を止めフタをし10分蒸らす。

  4. かぶの葉を加え混ぜる。お好みで最後に塩(分量外)で味を調える。

菌活ポイント

春の七草である「スズナ(蕪)」と霜降りひらたけのお粥で、”負けない身体”をつくりましょう。きのこには免疫細胞の集まる腸に溜まった老廃物の排出を促すことで免疫力を高めるのに役立つ食物繊維が豊富。さらに蕪は葉ごと食べることで、免疫アップに役立つビタミンCがたっぷり。強い旨味で存在感のある霜降りひらたけと、とろりとやわらかい蕪を合わせた満足感のある一品です。