ログイン

きのこレシピ

霜降りひらたけと鯛の炊き込み御飯

材料を炊飯器に入れて炊くだけなのに、美味しく豪華な見た目に仕上がる炊き込みご飯です。 霜降りひらたけの食感と鯛の風味がよく合います。 鯛はスーパーで頭入りの“あら”と切り身が別のパックで売っていますが、両方入るとより美味しく仕上がります。 もちろん魚屋さんで頭付の半身をお買い求めいただいても構いません。新入学や就職のお祝い料理にも。 だし活用レシピ。 [レシピ提供:京都菊乃井 村田吉弘 ]

霜降りひらたけと鯛の炊き込み御飯

このレシピを保存

使用きのこ

調理時間45分

エネルギー465 kcal(1人分)

霜降りひらたけと鯛の炊き込み御飯

材料4人分

  • 霜降りひらたけ

    2パック

  • 小鯛(切り身になっているもので良い)

    1/2微分

  • 少々

  • 3合

  • 【A】だし汁

    600ml

  • 【A】酒

    大さじ1

  • 【A】しょう油

    大さじ1

  • 【A】塩

    小さじ1

つくり方

  1. 霜降りひらたけは食べやすい大きさに切る。

  2. 鯛は下処理をし、塩をして魚焼きグリルで焼き目がつくまで焼く。

  3. 炊飯器に出汁と調味料、洗った米を入れ、よく混ぜる。

  4. 霜降りひらたけと鯛を入れて、通常の炊飯で炊く。

  5. お好みで刻んだ木の芽をのせ、よく混ぜていただく。

菌活ポイント

お祝い事や特別な日の一品に、存在感のある炊き込みご飯はいかがでしょうか。きのこに豊富なビタミンB群は糖質やタンパク質の代謝を促すことでエネルギーづくりに役立つので、ごはんや鯛と合わせるのがポイントです。また、霜降りひらたけはうま味が強いので、同じくうま味が豊富な鯛と合わせれば減塩しながらでもおいしく召し上がっていただけます。