ログイン

きのこレシピ

霜降りひらたけと里芋・蓮根の揚げだし

季節のご馳走をグレードアップ

霜降りひらたけと里芋・蓮根の揚げだし

このレシピを保存

使用きのこ

調理時間25分

エネルギー368 kcal(1人分)

霜降りひらたけと里芋・蓮根の揚げだし

材料2人分

  • 霜降りひらたけ

    1パック

  • 里芋

    5個

  • れんこん

    100g

  • 片栗粉

    大さじ5

  • 適量

  • 大根おろし、万能ねぎ、糸唐辛子

    適量

  • <合わせ出汁>

  • だし汁

    600ml

  • しょう油

    大さじ3

  • 大さじ2

  • みりん

    大さじ2

つくり方

  1. 霜降りひらたけは小房にほぐし、里芋は皮をむき、10分下茹でする。

  2. れんこんは5mm幅の食べやすい大きさに切る。

  3. 里芋、れんこんに片栗粉をまぶし、深めのフライパンに2cm程の油を入れ、里芋、れんこん、霜降りひらたけをさっと揚げる。

  4. 合わせだしの材料を鍋に入れて、中火にかけ沸いたら火を止めて(3)を加える。

  5. 器に盛り、大根おろし、万能ねぎ、糸唐辛子をのせる。

菌活ポイント

寒さが厳しい季節には、毎日の食事から、身体の内側から温まる食事を心掛けましょう!きのこのビタミンB1は糖質の代謝を促し、熱を生み出すエネルギーをつくるので、糖質が豊富な里芋や蓮根と合わせるのがおすすめです。さっと揚げることで霜降りひらたけのうま味を閉じ込めるうえに、いつもと違った食感も楽しめるので、贅沢感を味わえる一品です。