ログイン

きのこレシピ

ブナピーと豆腐のトロ煮

ブナピーと豆腐のトロ煮

このレシピを保存

使用きのこ

調理時間15分

エネルギー175 kcal(1人分)

ブナピーと豆腐のトロ煮

材料4人分

  • ブナピー

    100g

  • ブナシメジ

    100g

  • 絹ごし豆腐

    2丁

  • カニ風味かまぼこ

    9本

  • チンゲン菜

    2株

  • ねぎ

    1/3本

  • しょうが

    1片

  • 3カップ

  • 大さじ2

  • 小さじ1と1/3

  • こしょう

    少々

  • 片栗粉

    大さじ2(倍の水で溶く)

  • ごま油

    大さじ1

つくり方

  1. ブナピー・ブナシメジは石づきを切り小房に分ける。チンゲン菜は茎を9等分にし、葉は半分の長さに切る。ねぎ、しょうがはみじん切りにする。

  2. 豆腐はキッチンペーパーで包んで重しをし、軽く水きりしておく。かにかまぼこは粗くほぐす。

  3. 鍋にきのこを入れて、酒を振り、フタをして3分蒸し煮にする。きのこが汗をかいたら、チンゲンサイの茎とその他の具材、水、塩を入れて、豆腐を大きく崩しながら煮込む。

  4. 豆腐が熱くなればチンゲン菜の葉を入れてさっと煮、水溶き片栗粉を加えてとろみをつける。仕上げにごま油を回し入れる。

菌活ポイント

体調管理の一つに重要な腸内環境の改善。免疫力に深く関わる“腸”を活性化させることで内側から健康な身体を目指しましょう♪
きのこには腸内環境を整え、老廃物を排出させる働きのある食物繊維が豊富。また、合わせる長ねぎやしょうがは身体を温める栄養素を含むので、代謝を高め腸の活性化にも繋がります。ブナピーのプルンとした食感とつるっとなめらかな豆腐がピッタリマッチしたメニューです。