ログイン

きのこレシピ

きのこと彩り野菜の焼き春巻き

簡単ですが栄養たっぷりで、おうち女子会にもピッタリ、見た目もきれいな一品♪ダイエットや二日酔い予防に効果がある「オルニチン」がたっぷりのきのこは、おつまみにも◎です!(レシピ:料理研究家 浜内千波)

きのこと彩り野菜の焼き春巻き

このレシピを保存

使用きのこ

調理時間20分

エネルギー244 kcal(1人分)

きのこと彩り野菜の焼き春巻き

材料4人分

  • ブナシメジ

    100g

  • ブナピー

    100g

  • アスパラガス

    8本

  • かぼちゃ

    200g

  • 少々

  • こしょう

    少々

  • マヨネーズ

    大さじ2

  • 春巻きの皮

    4枚

  • オリーブオイル

    適宜

  • レモン

    1/2個

  • 【水溶き小麦粉】

  • 小麦粉

    小さじ2

  • 小さじ2弱

つくり方

  1. アスパラガスの下の固い部分の皮をむき、熱湯に塩をいれ約1分半塩茹でにしザルにとる。

  2. ブナシメジ・ブナピーは石づきを切り、小房にわける。フライパンにオリーブオイルを熱し、きのこをこんがり焼き、塩・こしょうする。

  3. かぼちゃはレンジ(600Wで約4分)で火を通し、皮ごとつぶし、塩・こしょう・マヨネーズを混ぜる。

  4. 春巻きの皮を縦半分に切り分ける。1枚の皮に(1)-(3)の具材の1/8量を包み、最後に水溶き小麦粉でのり付けする。

  5. フライパンにオリーブオイルを熱し、こんがり焼く。焼けたら、お皿に盛り合わせレモンのくし型を添える。

菌活ポイント

きのこには肌のターンオーバーを促すビタミンB2、シミやしわの改善にも役立つと言われるオルニチンが豊富。毒素を排出する効果のあるアスパラガスや、抗酸化作用のあるビタミンA・Eが含まれているかぼちゃを合わせることで、さらなる美肌効果が期待できます。