ログイン

きのこレシピ

きのこと鮭のひな祭り茶巾寿司 

親子でつくろう!華やかお祝い膳!○島田 まき(料理研究家)

きのこと鮭のひな祭り茶巾寿司 

このレシピを保存

使用きのこ

調理時間15分

エネルギー729 kcal(1人分)

きのこと鮭のひな祭り茶巾寿司 

材料4人分

  • マイタケ

    100g

  • ブナシメジ

    100g

  • レンコン

    50g

  • 鮭フレーク

    100g

  • 白ごま

    大さじ1

  • インゲン

    4本

  • 3カップ

  • 3カップ

  • 昆布

    5cm×5cm

  • 5個

  • 小さじ1/2

  • 米酢

    3/4カップ

  • 砂糖(甜菜糖)

    50g

  • 小さじ2

  • しょう油

    小さじ2

  • みりん

    大さじ1

  • 【飾り】きのこ・いくら:各適量

つくり方

  1. ブナシメジは石づきを切り、マイタケと共に刻む。レンコンは食べやすい大きさに切る。インゲンはゆでて刻んでおく。

  2. 米は研いで、水3カップ、昆布を入れて炊く。

  3. 鍋に刻んだきのこを入れて、乾煎りにする。

  4. (3)に、順番にれんこんとみりん、醤油、砂糖(甜菜糖)、塩を入れて、 馴染ませたら火を止めて、米酢を入れる。

  5. 炊き上がったごはんに、(4)を入れてさっくりあわせてから鮭フレーク、白ごま、インゲン を混ぜます。飾りの分のきのこは抜いておく。

  6. ラップの上に、薄く焼いた卵を敷き、器に入れて真ん中に(5)を入れて丸め、閉じ目を下にして盛り付け皿に盛りつける。中央を十字に切り開き、きのこといくらを飾る。 

菌活ポイント

きのこ入りのお寿司でお祝いしながら健康や美容も叶えましょう! きのこに豊富なβグルカンは腸の免疫細胞を刺激して免疫力を高めるうえ、マイタケには花粉症のアレルギー症状を改善する働きがあるので、花粉対策に効果的。また、きのこや鮭に豊富なビタミンB2は肌のターンオーバーを促すので、美肌づくりにも役立ちます。見た目も可愛い茶巾寿司で桃の節句を彩りましょう。