ログイン

きのこレシピ

きのこけんちんそば

澄まし汁仕立ての多い「けんちん汁」に味噌を入れることで、野菜と良く合うコクのある汁に。煮干しを取りださずにきのこと一緒に食べれば、効率よくカルシウムを摂ることもできますよ。

きのこけんちんそば

このレシピを保存

使用きのこ

調理時間30分

エネルギー463 kcal(1人分)

きのこけんちんそば

材料4人分

  • エリンギ、マイタケ、ブナシメジ

    各100g

  • 煮干し…4本、水…1200cc、酒…大さじ2

  • にんじん

    80g

  • 大根

    200g

  • 長ねぎ

    1本(100g)

  • 里芋

    2個(200g)

  • ごぼう

    40g

  • こんにゃく

    120g

  • ごま油

    大さじ1・1/2

  • しょう油…大さじ3、味噌…大さじ5、みりん…大さじ3

  • 万能ねぎ

    少々

  • そば(乾燥)

    320g

つくり方

  1. エリンギは、1cmくらいの角切りにし、ブナシメジは、石づきを切りマイタケと一緒に小房に分けておく。にんじんと大根はいちょう切り、長ねぎは1cmくらいの輪切り、里芋は皮を剥いて4〜6つに切り、ごぼうは大きめのささがきにし、こんにゃくは手でちぎる。

  2. 鍋にごま油を入れ、エリンギ、マイタケ、ブナシメジ、にんじん、大根、長ねぎ、里芋、ごぼう、こんにゃくを炒めたら、水と酒、頭と腹ワタを取った煮干しを入れて、沸騰したらアクを取って、弱火にして煮る。

  3. 野菜が煮えたところで、しょう油、味噌、みりんで味をつけ、小口切りにした万能ねぎを散らして、湯がいたそばを添えてできあがり。

  4.   【Point】煮干しは、頭と腹ワタを除いてから入れることで、臭みのない汁になります。

菌活ポイント

日々の元気は、健康の要となる腸をキレイにすることがポイントです。きのこやこんにゃくに豊富な食物繊維は、腸をスッキリとさせ栄養をきちんと吸収できる身体をつくります。また、きのこはエネルギー代謝に必要なビタミンB群が豊富なので、エネルギーの素となる糖質を含むそばや根菜と摂ると、効率よく代謝されスタミナアップにも◎。ほっとするけんちんそばで、頑張りましょう!