ログイン

きのこレシピ

きのことわかめのいため酢のもの

ビタミンたっぷり!きのこのうま味と火を入れることで酸味もまろやかに(レシピ:浜内千波先生)

きのことわかめのいため酢のもの

このレシピを保存

使用きのこ

調理時間5分

エネルギー49 kcal(1人分)

きのことわかめのいため酢のもの

材料4人分

  • エリンギ

    100g

  • マイタケ

    100g

  • ブナシメジ

    100g

  • わかめ(乾燥)

    30g

  • パプリカ

    1/2個

  • しょうが

    1片

  • 大さじ2

  • しょう油

    大さじ2

  • みりん

    大さじ2

つくり方

  1. ブナシメジは石づきを切り、マイタケととも小房に分ける。エリンギは斜め薄切りにする。

  2. 鍋に(1)、しょうゆ、酢、みりんを入れて中火にかけ、水気を飛ばしながら火を通す。わかめは水で戻し、パプリカは薄切りに、しょうがは千切りにする。

  3. 汁ごときのこをボウルにうつし、(2)を加えて混ぜる。

菌活ポイント

腸活にはきのこで菌活がおすすめです!不溶性食物繊維が豊富なきのこと水溶性食物繊維が豊富な海藻を食べて、腸をすっきりさせましょう!腸は全身の免疫細胞の約7割が存在し、更に自律神経も集中しているので、腸内環境が整うと心と身体の健康管理に役立ちます。また、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維は2:1の割合で摂るのがよいとされているため、このメニューは特にオススメです♪