アンケート

冬に食べたいきのこ料理は「鍋料理」が堂々の第一位。期待する効果は腸活、免疫関連が上位に

2022.02.04
冬に食べたいきのこ料理は「鍋料理」が堂々の第一位。期待する効果は腸活、免疫関連が上位に

調査DATA

【調査対象】きのこらぼ会員
【調査時期】2021年12月22日(水)~2022年1月16日(日)
【回答者数】1,784名(男性=358名・女性=1,428名)
【調査機関】きのこらぼ事務局(ホクト株式会社)

調査結果

◆冬に食べたくなるきのこ料理について

冬に食べくなるきのこ料理について調査したところ、「鍋料理」が最も多く86.7%となりました。続いて「炊き込みご飯」58.3%、「みそ汁などの和風の汁物」56.8%、「すき焼き」52.2%、「シチュー」51.8%となりました。

また、「その他」では下記の意見がありました。

・味噌煮込みうどん
・雑炊
・お好み焼き
・焼きそば
・あんかけ料理
・バター醤油炒め
・ビーフストロガノフ
・餃子
・温野菜
・ケークサレ
・ホイル焼き
・湯豆腐

◆きのこが持つ栄養・効果・特徴の中で、冬に特に期待したい項目について

きのこの持つ栄養・効果・特徴の中で、冬に特に期待したい項目について調査したところ、第一回目調査から連続で「食物繊維が腸内環境を整え、お通じが整う」が73.9%で1位となりました。続いて「腸を整えることで免疫が整い、花粉症などの不調対策に役立つ」59.0%、「βグルカンが免疫力を高める」54.5%、「ビタミンB2や食物繊維が美容に役立ち、乾燥や紫外線からお肌を守る」53.3%となりました。

また、「その他」では下記の意見がありました。

・カロリーが、少ないので沢山食べられる
・寒くても快腸でみんなが笑顔になれる
・身体の調子がよくなる
・料理が美味しくなる

この度もたくさんのきのこらぼ会員の皆様にご協力いただき、誠にありがとうございました。
いただいたお声は、今後のきのこらぼに活かしてまいります。

きのこらぼに無料会員登録をしていただき、ログインした状態で記事をご覧いただくとポイントがもらえます。
貯まったポイントは、プレゼント応募にご利用いただけます。