For amuse dish 〜シェフ考案レシピ

一流シェフ考案 8月の簡単レシピ

2022.08.01
一流シェフ考案 8月の簡単レシピ

一流シェフが登場する、プロのための料理技術専門誌「シェフ」とのコラボレーション企画「For amuse dish~シェフ考案レシピ~」。
ここでは、新進気鋭のシェフが、きのこの美味しさをより引き出し、活かしたレシピを考案。本格的な味わいをご家庭で楽しめる、プレミアムな一品をぜひご賞味ください。

清水 崇充 シェフ
清水 崇充 シェフ

フレンチレストラン「L’EAU」
清水 崇充 シェフ

1977東京都生まれ。銀座「三笠会館」や都内のイタリア料理店で修業後、2003年より父が営む豊島区「レストランセビアン」で15年シェフを務める。’18年に外苑前に独立開業。

詳細はこちら>

ボリューム満点、うま味がジュワッとしみ出る

一番採り生どんことカレーのホットサンド

レシピ写真

一番採り 生どんこを丸ごと、レトルトカレーとスクランブルエッグなどと一緒にホットサンドにしました。具材をはさんで焼くだけなのでとても簡単。食パンの上にも生どんこをのせることで、生どんこの美味しさが堪能でき、見た目もユニークに仕上げました。レトルトカレーはビーフ味やスパイシーなものなどお好みの味でOKです。おやつにもおすすめです。

レシピを見る

髙橋 恭平 シェフ
髙橋 恭平 シェフ

イタリアンレストラン「MANSALVA」
髙橋 恭平 シェフ

1979東京都生まれ。都内のイタリア料理店で修業後、’99年に渡伊。ウンブリア「リストランテ ヴッサーニ」やトスカーナなどで約7年修業し、その後、ロンドンで2年、マドリードで1年経験を積む。2010年に恵比寿で独立開業、’18年に近隣に移転リニューアル。

詳細はこちら>

冷たいトマトソースで熱々きのこを味わう

霜降りひらたけのピカタ スパイシーなサルサ添え

レシピ写真

霜降りひらたけを大きな塊にさいて、あえて、片面だけに卵とチーズの衣をつけて蒸し焼きにしました。そのほうが霜降りひらたけの美味しさがダイレクトに味わえ、また、見た目も綺麗です。熱々のピカタに冷たいサルサソースをたっぷりつけて召し上がってください。タバスコは緑のハラペーニョソースにしたり、パクチーはお好みで添えたりすると良いでしょう。

レシピを見る

きのこらぼに無料会員登録をしていただき、ログインした状態で記事をご覧いただくとポイントがもらえます。
貯まったポイントは、プレゼント応募にご利用いただけます。