第2回 アメリカツアートピックス ~食事編~

皆さん、こんにちは。プロゴルファーの横峯さくらです。
今回は食事・料理に関して話したいと思います。

アメリカツアーに参戦してから5年目を迎えますが、異国の地での食事管理は非常に苦労しています。 アメリカツアーに参戦して2年ぐらいで体重が5kg減ってしまいました。
日本にいた時は試合中での外食はせず、いつもキャンピングカーで食事をしていましたが、アメリカに来てからは毎日外食ばかりで、ジャンクフードを食べないようにしていたら、 体重がいつの間にか5kgも減ってしまい、ドライバーの飛距離も段々と落ちてしまっていたのです。
日本にいた時は食に対してストレスを感じることがなかったのですが、異国の地で戦って行く中で自分の食べたいものが食べられないストレスを感じていたため、 3年目からはなんでも食べるようにしていました。その結果以前の体重に戻り、ドライバーの飛距離も伸びたように感じます。
そして5年目の今年からはキッチン付きのホテルを借りて、自炊するようになりました。 自炊を始めてみると、今までレストランに食べに行っていたことが、こんなにもストレスだったと実感しています。

たまに行く外食はすごくリフレッシュになって楽しい時間ですが、毎日ホテルに住んでいて、毎日レストランで外食をしていることがいつの間にか当たり前になっていましたが、 部屋で落ち着いて食べるご飯が、こんなにも気分を変えてくれるとは思いませんでした。

アメリカで初めて自炊した時に作ったのが、「きのこの炊き込みご飯の素」(ホクトさんの商品)を使った炊き込みご飯だったのですが、日本の味を異国の地のホテルで味わえることで、すごくリラックスでき、試合への活力も湧いてくるので、それからは週に5日〜6日は自炊をするようにしています。 今後も料理の写真などもアップできるようにしますので楽しみにしててくださいね!!

横峯選手のように海外遠征が多いトップアスリートはコンディション管理がとても難しいので、自炊をして栄養バランスを意識されている横峯選手は素晴らしいですね。
やはり食べ慣れた食事をすることがパフォーマンスアップに繋がるので、簡単に食べられ保存のきくお米や、レトルトカレー・炊き込みご飯の素などを日本から持っていくこともオススメです。またきのこにはGABAという神経を落ち着かせてくれる栄養素が含まれるので、しょう油などの食べ慣れた味付けで調理するとリラックス効果が高まると思います。

中村愛香

ホクト株式会社 管理栄養士中村愛香

横峯さくら選手プロフィールイメージ
横峯さくら選手
プロフィール

鹿児島県鹿屋市生まれ。8歳よりゴルフクラブを握りジュニア主要大会をいくつも制覇し、2004年プロテスト合格。日本LPGAツアー通算23勝。2015年から米LPGAツアーを主戦場とし上位入賞多数。2019年もアメリカツアーにフル参戦中。

※2019年4月よりホクト株式会社では横峯さくらさんの活動を応援しています