第1回 横峯さくらのアメリカツアー奮戦記

はじめまして、プロゴルファーの横峯さくらです。
今私はアメリカツアーを主戦場に戦っています。
アメリカツアーはアメリカ国内はもちろん、ヨーロッパ、アジアなど世界中で試合があり移動がかなりハードです。
そんなアメリカツアーをまわっている中で発見したことや体験したことを書いていきたいと思います。

アメリカツアーはとにかく移動がハードです。
私のここ最近の移動を書くと
ダラス→ホノルル→ロサンゼルス→羽田→福岡→羽田→バンクーバー→シアトル→ワシントンD.C.→ウィリアムズバーグ→チャールストンこの日程を約6週間かけて移動しています。荷物も多いので毎週ホテルからホテルへ引っ越ししているような感覚です(笑)

長距離移動の中での1番の敵は何と言っても時差ボケ。
時差ボケを直すのにいつも1週間ぐらい時間がかかるのですが、年齢を重ねるごと時差ボケがきつくなっているように感じます。
そんな、アメリカツアーに参戦して最初の2年は移動を大変に感じていたのですが、3年目ぐらいから移動することが普通になりそんなに苦痛に感じなくなったことが不思議でした。大変だと感じていることも慣れてくれば普通になるんだなと少し驚いています。

思い返してみると、今までできなかったことや不慣れで苦しく感じていることも続けていたことでいつの間にかできるようになったり、克服することができたりしたことってたくさんあるなと感じます。

逆に続けてやっていることでいつの間にか感覚が麻痺してしまい感動や喜びを感じなくなってしまうことも多くあるので、そういう時には何か自分の幸せと今やっていることがちゃんとつながっているのかな?と一度考える時間を取るようにしています。そうすると同じことをするのにも感じることが変わったりするので新鮮な気持ちでアメリカツアーでの日々を過ごせるようになりました。

世界中を駆け抜けて活躍される横峯選手、とてもかっこ良いですね。時差ボケでお悩みと仰っていますが、時差ボケの解消には体内リズムを整えるためにも食事がとても大切です。特に朝にしっかりとタンパク質を食べることで夜眠りを促すメラトニンが分泌されるので、朝食にはお肉などのたんぱく質とたんぱく質の代謝に必要なビタミンB6を含むきのこを食べるのがオススメです。体内リズムを整えることは疲労軽減にも役立ちますので、ぜひ皆さんも実践してみてくださいね!

中村愛香

ホクト株式会社 管理栄養士中村愛香

横峯さくら選手プロフィールイメージ
横峯さくら選手
プロフィール

鹿児島県鹿屋市生まれ。8歳よりゴルフクラブを握りジュニア主要大会をいくつも制覇し、2004年プロテスト合格。日本LPGAツアー通算23勝。2015年から米LPGAツアーを主戦場とし上位入賞多数。2019年もアメリカツアーにフル参戦中。

※2019年4月よりホクト株式会社では横峯さくらさんの活動を応援しています