Do my best, GO! 〜今、輝く女性たち

第4回 ヘア&メイクアップアーティスト 長井かおりさん(前編)

2021.03.12
第4回 ヘア&メイクアップアーティスト 長井かおりさん(前編)

自分らしくイキイキと人生を楽しむ方々に、日々の生活や考え方を通して素敵な生き方の秘訣を教えていただく連載企画「Do My Best, Go!」。第8回目は、ヘア&メイクアップアーティストとして活躍する長井かおりさんのインタビューをお届けします。

雑誌や広告でのヘアメイクという裏方の仕事だけでなく、イベントに出演してメイク方法やコスメの使い方を発信するなど表の仕事まで活躍の場を広げている長井かおりさん。バイタリティあふれる彼女のライフスタイルと、それを支える秘訣について伺いました。

長井かおり01

自分らしくトレンド提案ができる喜び

ヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさんの強みは、化粧品メーカー勤務時代の知識とヘアメイクの経験を活かした一般の方への美容の悩み解決。そして新しいコスメを使ったアイディアの提案なども、自分らしさを加えながら発信しているところです。

常にビューティのトレンド最先端に立つことについて、プレッシャーを感じませんかと伺ってみると、「今は美容市場も活性化していて色々なカラーが揃っていますし、答えのない時代なのでトレンド提案は楽しいです。そういった機会をいただけているのはありがたいですよね」といたってポジティブ。

さらに人気のヘア&メイクアップアーティストでありながらも個人レッスンや企業イベントに出たり、SNSのコメントにもすべて目を通してできる限り返信をしたりと、ファンとのコミュニケーションもとても大事にしています。「反応があると改善していけるので、すごく参考にしているんですよ。それから悩みが解決しましたというコメントや、ご一緒してよかったというお声がけとか、喜ばれる反応があるとまた次も頑張ろうと思えます」と、どこか身近に感じられるところも彼女の魅力。

長井かおり02

新しい働き方に対して迅速に順応していくことも、今の世の中で求められているスキルのひとつ。「今は広く美容に携わっていますが、昔と比べて美容やメイクを伝える手法も多様化してきたように感じています。例えばオンラインでの打ち合わせやイベントなど、ウェブ上でのやりとりも増えましたが、時代に合わせて新しいこともスムーズに取り入れていきたいと思っています」とチャレンジ精神も旺盛な姿も印象的です。

美容と健康は切っても切れない関係

「美容と健康はひとつのジャンルといっていいほど密接な関係ですね。いくら化粧品がよくても、塗る土台である肌が健康でなければ性能は発揮されません。肌の悩みを抱える女性たちを見てみると、生活習慣の乱れが原因だと感じることはよくあります」。美容に長く携わってきた長井さんは健康との関係をそう語ります。

長井かおり04

人前で美容について語る機会が増えてからは、自分も健康でなければ説得力がなくなってしまうため、ご自身の見られ方により気を遣うようになった長井さん。しかし過度な美しさを求めることは、ご自身の提案する美容とはマッチしません。「そこで必要なのは、年齢に合った美しさや健康。そのバランス感もセンスなんですよね」という長井さんですが、今は定期的なストレッチやランニングなどの運動と、心身から癒される食事を大事にしているそうです。

特に食は長井さんにとって特別なもの。「私にとって食事はポジティブな時間。嬉しい、美味しい、満たされるなど、心が幸せになる瞬間なので一食のあり方を大切にしてきました。そういう楽しい時間に、身体にいいものを食べられたらベターですよね」と振り返ります。

食材ではきのこのポテンシャルに注目している様子。「忙しいときにもサッと調理できて和洋どちらにも合いますし、腹持ちがいいので重宝しています。さらに最近は腸が大切という話もよく聞きますので、食物繊維の多いきのこは良いですよね。それにきのこはどんな調理をしてもきのこ独特のぷにぷにとした食感が失われないのは、唯一無二の魅力がありますよね。化粧品を触っているときにもよく思うことですが、五感に訴えかけてくるものは大事にしたいですね」

長井かおり05

お気に入りのきのこ料理は、お味噌汁や、ソテーしたしめじをトッピングしたサラダ、ソテーしたエリンギで食べ応えをアップさせたスクランブルエッグなど、シンプルなレシピ。「健康のためにも、できるだけ朝ごはんを食べる習慣をつけたいと思っているんです。朝、手早く作ることのできる料理を重宝しています」と最近の目標を教えてくださいました。


仕事にもご自身の健康にも積極的な長井さんの姿からは、毎日をイキイキと、キレイに過ごすヒントが伺えました。
後半のインタビューでは、現在に至るまでの道のりの中で、苦しかった時期や、乗り越えるために大切にしていた考え方、現在の仕事をもっとよくするためにしている工夫、そして、ご自身の経験から、これからをもっとよりよく生きるためのアドバイスをお伺いします。

長井かおり(ながい・かおり)
短大卒業後、百貨店で美容部員として勤務。23歳のときにヘア&メイクアップアーティストへ転身。雑誌、広告、映像などのメディアでモデルや女優のヘアメイクを手がける。また会社員時代の知識を活かして全国でメイクアップセミナーの講師や化粧品メーカーのイベントに登壇するなどの活動も精力的に行なっている。著書は『時間がなくても大丈夫! 10分で“いい感じ”の自分になる』(扶桑社)、『世界一わかりやすいメイクの教科書』(講談社)など。
https://www.nagaikaori.com/

きのこらぼに無料会員登録をしていただき、ログインした状態で記事をご覧いただくとポイントがもらえます。
貯まったポイントは、プレゼント応募にご利用いただけます。