きのこで菌活って

「きのこで菌活」は、きのこを日常的に食べることで、体の中からキレイで健康になる…
そんな魔法のような生活習慣のことです。
きのこは菌そのものだけを食べられる唯一の食品。だから“菌食材の王様”と呼ばれているんです!菌のチカラを丸ごと美味しくいただきましょう!

菌=きのこ

菌という漢字は訓読みで「きのこ」。
菌食材の王様であるきのこは、
まさに菌活にぴったりな食材なのです!

きのこで菌活のオススメは、毎日1回以上きのこを取り入れた食事をすること。少しずつでも長く続けることが大切です。

に向けて実践したい「きのこで菌活」のポイントは・・・
まずは、しっかりと食べて、身体に栄養を摂り入れることが大事。 そのためにも、栄養素の入り口である腸内環境を整えましょう。

また、夏に向けて継続的に続けたいのが「ダイエット」。低カロリーで栄養素が豊富なきのこなら、食べながらキレイに痩せるダイエットを叶えます。

さらにビタミンB群が代謝をあげて、「燃える身体づくり」をサポート!
身体を内側から整えて、本格的な夏をアクティブに楽しめる元気で健康な身体をつくりましょう♪

具体的なおすすめの「きのこで菌活」の効果は、
下記の6つ。
気になる効果をチェック!

夏に負けない強い身体づくり!
「きのこで菌活」で元気な身体に!

夏バテ対策はカンタン!「ちょっとの努力」で健康!

大切なのはやはり”食事”。ご高齢の方の場合は健康に気を遣って規則正しい生活を送っていたり、朝ごはんをしっかり食べるという方も多いので比較的夏バテを感じている人は少ない傾向にあります。ただ、働き盛りの方は外食が多かったりしてビタミンやミネラルが不足しがちな方が多く、栄養バランスの乱れから夏バテを引き起こす例がよく見られます。部活動やスポーツをする機会が多いジュニア世代も、夏バテになりやすいのでしっかり栄養補給ができるようにサポートしてあげてください。
【監修】管理栄養士 松岡里和

「美腸」が育む健康的な美しさ。
毎日の食事から腸内環境を整える「きのこで菌活」

このように健康維持に欠かせない【腸の働きを良くすること】は、誰にとっても重要なこと。腸がきちんと働かないと、栄養素を充分吸収できないだけでなく、免疫力が低下して体調不良を起こす恐れがあります。つまり、腸は、食べ物を消化吸収し、外敵と戦い、健康を保ってくれる要なのです。冷たいものの摂り過ぎや、ドカ食い、ダラダラ食いを避け、きのこをはじめとする菌類や発酵食品を毎日摂る「菌活」で、腸内環境を整えましょう。
【監修】医学博士・管理栄養士 本多京子 先生

今おすすめのきのこレシピ

きのことベーコンの白菜ミルフィーユ

冬は寒さで腸の動きも鈍りがち。元気で今年1年を締めくくるためにも、腸を活性化させる“デトックス”を意識しましょう。
きのこに豊富な食物繊維には、腸の老廃物の排出を促したり、善玉菌のエサとなることで腸内環境改善効果が期待できます。また、白菜も食物繊維が豊富な食材。きのこと合わせることで、デトックス効果が高まるとともに、旨味もアップ!

レシピを見る レシピ動画を見る