きのこで菌活って

「きのこで菌活」は、きのこを日常的に食べることで、体の中からキレイで健康になる…
そんな魔法のような生活習慣のことです。
きのこは菌そのものだけを食べられる唯一の食品。だから“菌食材の王様”と呼ばれているんです!菌のチカラを丸ごと美味しくいただきましょう!

菌=きのこ

菌という漢字は訓読みで「きのこ」。
菌食材の王様であるきのこは、
まさに菌活にぴったりな食材なのです!

きのこで菌活のオススメは、毎日1回以上きのこを取り入れた食事をすること。少しずつでも長く続けることが大切です。

に実践したい「きのこで菌活」のポイントは・・・
まずは、しっかりと食べて、身体に栄養を摂り入れることが大事。 そのためにも、栄養素の入り口である腸内環境を整えましょう。

また、夏は冷房などで身体が冷えてしまいがち。内臓の冷えは、様々な不調を招きます。身体の代謝を高めるビタミンB群を豊富に含むきのこを積極的に取り入れ、体温を高める工夫をしておきましょう。

また、気になる日焼け対策には、“美容ビタミン”と呼ばれるビタミンB2が効果的。お肌のターンオーバーを整え、秋に向けたツヤ肌つくりをサポートします。
暑さで食欲がなくならないように、毎日のしっかりとした食事を習慣化し、健康な身体をつくりましょう♪

具体的なおすすめの「きのこで菌活」の効果は、
下記の6つ。
気になる効果をチェック!

夏冷えや夏バテで体調を崩さない!
「きのこで菌活」で強い身体をつくりましょう

夏バテ予防+疲労回復に忘れてはならない「ビタミンB1」

夏バテ予防に大切な栄養素として、疲労回復に有効なビタミンB1があります。ビタミンB1は、きのこに豊富に含まれる栄養素です。夏バテで疲れやすいのは、エネルギー不足であることと、身体に溜まった老廃物がうまく代謝されないことが影響していると言われています。これらに深く関わるのがビタミンB群。特にビタミンB1は、ご飯や麺類、甘い飲み物などに多く含まれる糖質をエネルギーに変え、疲れの原因である乳酸などの老廃物をスムーズに代謝されるよう働きかけます。糖質摂取の多い日本人には不足しやすい栄養素なので、意識して摂ることが大切です。
【監修】管理栄養士 尾上雅子

「美腸」が育む健康的な美しさ。
毎日の食事から腸内環境を整える「きのこで菌活」

このように健康維持に欠かせない【腸の働きを良くすること】は、誰にとっても重要なこと。腸がきちんと働かないと、栄養素を充分吸収できないだけでなく、免疫力が低下して体調不良を起こす恐れがあります。つまり、腸は、食べ物を消化吸収し、外敵と戦い、健康を保ってくれる要なのです。冷たいものの摂り過ぎや、ドカ食い、ダラダラ食いを避け、きのこをはじめとする菌類や発酵食品を毎日摂る「菌活」で、腸内環境を整えましょう。
【監修】医学博士・管理栄養士 本多京子 先生

今おすすめのきのこレシピ

きのこの辛旨うどん〜かぶおろしがけ〜

冬本番の寒さがつらい時期、体調を整えるためにも、身体を温めるきのこメニューがおすすめです。
きのこには、糖質や脂質の代謝を高めて熱を生み出す効果のあるビタミンB群や、血行を促すナイアシンが豊富。また、身体を温める効果のある根菜のかぶ、発汗作用のある豆板醤を合わせ、とろみのあるスープでまとめれば、さらに温め効果がアップします。

レシピを見る レシピ動画を見る