きのこで菌活って

“健康によい”と話題の菌活。
中でも、菌そのものである「きのこ」で行う「きのこで菌活」がおすすめです。
「きのこで菌活」は、きのこを日常的に食べることで、体の中からキレイで健康になる…
そんな魔法のような生活習慣のこと。
きのこは菌そのものだけを食べられる唯一の食品なので“菌食材の王様”と呼ばれています!

菌=きのこ

菌という漢字は訓読みで「きのこ」。
菌食材の王様であるきのこは、
まさに菌活にぴったりな食材なのです!

また、食物繊維の豊富なきのこは善玉菌のエサにもなります。
だから、きのこで菌活のオススメは、毎日1回以上きのこを取り入れた食事をすること。少しずつでも長く続けることが大切です。菌のチカラを丸ごと美味しくいただきましょう!

12月に実践したい、「きのこで菌活」のポイントは・・・

【Point1】冬こそ燃やす!“きのこで菌活”で体質改善ダイエット
きのこなら糖質や脂質の代謝を促して燃える身体をつくるビタミンB群や、老廃物の排出を促す食物繊維が豊富なので、冬でも痩せやすい身体を叶えます。


【Point2】風邪やインフルエンザの予防に…きのこで強い身体!
風邪やインフルエンザの予防対策にはきのこで菌活がオススメ!きのこのβグルカンが腸の免疫細胞を刺激し、病気にかかりにくい丈夫な身体をつくります。


【Point3】“きのこで菌活”で飲んでも後に残らない!
飲み会や宴会が続くときにはきのこをお酒のお供にするのが◎!きのこに豊富なオルニチンが肝臓の働きを助けることでアルコールの解毒を促します。

具体的におすすめの「きのこで菌活」の効果は、
下記の6つ。
気になる効果をチェック!

2020年へ!インナーケアで理想の自分づくり

新しい年を迎える準備に!身体をキレイに強くする。

 今年もいよいよ残りわずか。12月は宴会や飲み会が増えることからダイエットやアルコールケアに注目が集まる一方、気温の低下や空気の乾燥に伴う風邪やインフルエンザが懸念されます。これらの悩みを一度に叶えるのが、食事によるインナーケアです。
 ダイエットやアルコールケアには、きのこに豊富で糖質や脂質の代謝を促すビタミンB群、アルコールの解毒を促すオルニチンがオススメです。また、風邪に負けない身体づくりにも、きのこに特有な栄養素のβグルカンが腸の免疫細胞を刺激して、全身の免疫力を高めます。
 このように身体に取り入れたい栄養素はたくさんありますが、これらの栄養素をさらに効率よく吸収・機能させるためには、腸を整えることが重要です。きのこに豊富な食物繊維は、腸に溜まった老廃物の排出を促すことで食べたものの栄養素をしっかりと吸収し、腸本来の力を発揮させる助けとなります。また、菌食材であるきのこは腸の善玉菌のエサとなり、腸内環境を改善することでさらなるキレイと健康をサポートします。
 食事から理想を叶えるインナーケア・“きのこで菌活”で、気持ちよく新年を迎えるための準備をしましょう!

【監修】管理栄養士・アスリートフードマイスター3級 徳田美咲


「美腸」が育む健康的な美しさ。毎日の食事から腸内環境を整える「きのこで菌活」

健康維持には、食事や生活習慣を工夫することで【腸の働きを良くすること】が大切であり、今すぐに始められる一番の近道でもあります。
身体の老廃物が溜まり、腸がきちんと働かないと、食事で得られた栄養素を充分に吸収できないだけでなく、免疫力の低下から体調不良を引き起こす恐れがあるのです。
つまり腸は、食べた物を消化吸収することで身体をつくり、さらに外敵と戦うための“免疫力”で丈夫な身体を保ってくれる「健康の要」なのです。

全身の健康を保つためにも、腸に負担のかかる冷たいものの摂り過ぎや、ドカ食い、ダラダラ食いは避け、腸に良い食事を心掛けましょう。 腸によい食事とは、食物繊維が豊富で、腸内の善玉菌のエサとなる菌食材がたっぷり摂れるものです。特にきのこをはじめとする菌類や発酵食品といった菌食材を毎日摂る「菌活」で腸内環境を整えましょう。
【監修】医学博士・管理栄養士 本多京子 先生

今おすすめのきのこレシピ

きのこダネの春ちらし

春に向けて食卓が華やぐ彩り鮮やかなちらし寿司はいかがでしょうか?きのこに豊富な食物繊維は健康に対して様々な役割を担っている腸を整えて健康をサポートします。きのこダネを酢飯に混ぜるたけで簡単に具入りの酢飯ができるので、時短料理としてもオススメです。

レシピを見る レシピ動画を見る