2月の特集テーマ
春のために!菌活でカンタン美人体質

きのこのチカラでデトックス!春までにぽっこりおなかを撃退

2018.02.12

立春も過ぎ、少し早いですが“春”も、もうすぐそこまでやってきています。今週の「トレンドコラム」では、バレンタインに大切な人と話したい、チョコレートができるまでの人間ドラマとチョコレートの美味しい食べ合わせについてお届けしていますが、「きのこで菌活。」コラムでは、春に向けて冬太りのぽっこりお腹をどうにかしたいという方のためのきのこで菌活をご紹介いたします。ぽっこりおなかは、食事からできるデトックスで、体内の老廃物を排出して改善しましょう。デトックスの要となるのが「食物繊維」。食物繊維たっぷりのきのこで行う「きのこで菌活」がおすすめです。

立春も過ぎ、少し早いですが“春”も、もうすぐそこまでやってきています。今週の「トレンドコラム」では、バレンタインに大切な人と話したい、チョコレートができるまでの人間ドラマとチョコレートの美味しい食べ合わせについてお届けしていますが、「きのこで菌活。」コラムでは、春に向けて冬太りのぽっこりお腹をどうにかしたいという方のためのきのこで菌活をご紹介いたします。ぽっこりおなかは、食事からできるデトックスで、体内の老廃物を排出して改善しましょう。デトックスの要となるのが「食物繊維」。食物繊維たっぷりのきのこで行う「きのこで菌活」がおすすめです。

中村愛香さん

教えてくれたひと
中村愛香(管理栄養士・スポーツフードアドバイザー)
2011年にホクト(株)入社。『きのこを通して健康や笑顔をお届けすること』をテーマに幼児、小学生、主婦、高齢者等、様々な世代に食育活動を展開。現在、空手の日本代表選手である岩本衣美里選手への食事のアドバイスをはじめ、スポーツ栄養セミナーも実施している。

冬太りに喝!デトックスで脱ぽっこりお腹

――2月も後半に差しかかると日中はポカポカと暖かくて上着を脱ぐことも増えるのですが、冬の間に太ってしまったお腹が気になるんです。
 
少しずつ暖かくなっていますよね。セーターで隠せていたお腹を「そろそろなんとかしたい!」とお思いの方が多いかと思います。新年度までまだ1ヶ月半あるので、今から始めたいのがデトックスです。
 
――デトックスとは何ですか?
 
デトックスとは体内に溜まった不要な老廃物を排出することです。体内の老廃物などを排出することで、血流やリンパの流れが良くなり痩せやすくなります。デトックスはすぐにできるというわけではありませんが、毎日の食事を見直すことでデトックスしやすい体質を作っていけると思います。
 
――デトックスとは体内の老廃物を出すことなんですね。どんな食事を取れば良いですか?
 
デトックスにまず必要なのは食物繊維です。食物繊維には「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」があります。水溶性・不溶性とそれぞれ働きが異なるので、どちらもバランスよく摂ることが大切です。水溶性食物繊維は、腸内の善玉菌のエサになることで善玉菌が活性化したり、腸の蠕動運動を活性化させます。不溶性食物繊維は、便のカサを増やしたり、体内の有害物質や老廃物を排出する働きがあります。きのこにはどちらも含まれていますが、特に不溶性食物繊維が多い食品なんです。
 
――デトックスのためには毎日きのこを食べるのが良いのですね!デトックスをすることで、他にも良い事はありますか?
 
体内の老廃物を排出して、腸をきれいにすることで、食事の栄養素の消化吸収がスムーズに行われます。このため、代謝がアップして痩せやすい身体になりますよ。また、デトックスは美肌づくりにもつながります。
 

きのこ✕春野菜でおいしくデトックス習慣をはじめよう♪

ブナピー

――きのこに含まれる食物繊維にデトックスの働きがあるとわかりました。そのほかの栄養素でデトックスの働きが期待できるものはありますか?
 
きのこに豊富に含まれるカリウムです。カリウムは体内の余分な塩分を排出することで、むくみを解消する働きがあります。味が濃い食べ物ばかり食べていると、塩分の過剰摂取になりやすいので、カリウムなどを一緒に摂取するように心がけると良いですよ。
 
――なるほど。きのこの他にカリウムが豊富な食材はありますか?
 
この時期から旬を迎える春野菜にも多くのカリウムが含まれています。また、春野菜は苦味などを感じますが、この苦味成分にもデトックス作用があります。きのこと春野菜を使ったレシピがホクトのホームページにたくさん掲載されていますよ。
 
――きのこに春野菜を合わせることでさらに良いのですね。おすすめのレシピを教えてください。
 
きのことタケノコの春ちらし」は、春野菜のタケノコと菜の花を使用したちらし寿司です。きのこをたっぷり入れることで、食感に変化が出てとってもおいしくなりますよ。
 
――彩りもきれいでおいしそうです。では、いつもの料理にプラスできるような副菜でおすすめはありますか?
 
きのこと菜の花のスクランブルエッグ」がおすすめです。きのこと菜の花を卵にプラスすると栄養価が高くなり、彩りもきれいになります。
 
――作り方も簡単で、これなら一人暮らしの方も作りやすそうですね。
 
はい。もう1品おすすめしたいレシピが、「レンジdeカンタンきのこと野菜の棒々鶏風」です。このレシピは電子レンジで作れるので、料理が得意でない方にも作りやすいですよ。菜の花などの春野菜をたっぷり食べることができ、きのこに豊富な食物繊維はカリウムが手軽に摂取できるので、デトックスにおすすめのサラダです。盛り付けにもこだわれば、バレンタインにもぴったりですよ。

「きのこで菌活。」コラムを読んでポイントGET

記事を読んだら、下記のボタンをクリック! 10ポイントをプレゼントさせていただきます。

おすすめレシピ

レンジdeカンタンきのこと野菜の棒々鶏風

バレンタインにもぴったり! 美肌を叶えるサラダです。
きのこには、お肌の生まれ変わりを促すビタミンB2が豊富。また、ブロッコリーや菜の花には肌の土台となるコラーゲンの生成を促すビタミンCが、鶏ささみや豆腐には細胞やコラーゲンのもととなるタンパク質が含まれるため、きのこと合わせて摂るとさらに美肌パワーを発揮します。

レシピを見る動画を見る