close
きのこアルバム

人類が知りつくせないほどの種類があるきのこ。その一部をご紹介します。

【きのこアルバム】ヒメカバイロタケ

ぽかぽかと温かい日が増え、心も弾む、気持ちの良い新緑の季節がやってきました♪
温かくなればきのこも徐々に顔を出し始め、道端や森にも賑わいが溢れます。
そこで今回は、そんな心躍る初夏の太陽や元気さを体現したようなきのこ「ヒメカバイロタケ」をご紹介します。

ヒメカバイロタケは夏から秋にかけて針葉樹の枯れ木に群生するきのこ。傘は0.8~2cmと大人の爪程度の大きさで、柄は1~3cmほどと、きのこの中でも小柄な種類です。

傘の表面はオレンジ色をしており、ツルンの滑らかな質感をしています。傘が乾いている時にはオレンジ一色の見た目ですが、朝露や雨上がりなどの湿った状態の時には傘の表面に放射状の線が現れます。

※傘表面はツルンとした滑らかな質感。今うっすらと見えている放射状の線は、傘が湿度を帯びると色濃く浮かび上がる。

ヒメカバイロタケは鮮やかなオレンジ色がきれいなきのこですが、内部の組織もヒダも黄色っぽい色をしており、まさに全身隅々まで鮮やかなきのこ。苔に覆われた針葉樹の朽木や切り株上に出ることが多いので、緑とオレンジのコントラストも魅力的です。

また、ヒメカバイロタケの特徴としてヒダにもご注目ください。
傘の裏側、ヒダをじっくり観察してみると、ヒダとヒダの間に「脈」のようなものがあります。エリンギのようなまっすぐなヒダと比べて、あみだくじのような脈があるきのこは意外と少なく、ヒメカバイロタケの特徴と言われています。

ちなみに、ヒメカバイロタケは漢字では「姫樺色茸」と書きます。
「姫」は小さく可憐な姿から、「樺色」はその色味に由来して名付けられたそうですが、この「樺色」という表現、実はきのこの名前ではよく登場するワードです(カバイロツルタケ、カバイロコナテングタケ・・等)。樺色は日本の伝統色の一つで、樺桜の樹皮の色が由来になったといわれていますが、こんなにもきのこの色をぴったりと表現しているというのは、細かな色彩の違いを表現する日本の伝統色ならでは。

きのこは太古の昔から存在していたのだから、きのこの名前が入った伝統色があっても良いのでは・・?と思ってしまいますが、意外とないもので、理由はきのこの研究が進んだり、名前が付けられるようになったのが最近の話のためかもしれません。ですが、日本の伝統色がぴったりとはまるきのこの世界というのも、なんだか素敵ですね♪

ちなみに、ヒメカバイロタケに似たきのこで「ヒメカバイロタケモドキ」というきのこがあります。「モドキ」と言われるほどよく似ていますが、ヒメカバイロタケモドキには傘表面に“細かな毛”があるため、毛の有無で判断するそうです。

*************************

いよいよ、外出したくなるような気持ちの良い季節のスタートです!
感染対策も意識しながら、最高の季節を楽しみましょう♪

【参考文献】
今関六也・大谷吉雄・本郷次雄 編(2011)増補改訂新版 山渓カラー名鑑 日本のきのこ.山と渓谷社,東京
株式会社 山と渓谷社 奥沢康正 奥沢正紀 著(1998)「きのこの語源・方言辞典 」日本のきのこ.山と渓谷社,東京
 

「こんなきのこを見つけた!」という情報がありましたら
是非きのこらぼに教えてください♪
きのこ発見!情報を送る

 

◆◇◆ヒメカバイロタケ◆◇◆

ヒメカバイロタケ壁紙PC

ヒメカバイロタケ壁紙SP

以下よりパソコン又はスマートフォンを選択してダウンロードしてください。
パソコン用壁紙(1920×1080)
スマートフォン用壁紙(1080_1920)
 

▼Windowsの場合

表示された画像の上でマウスの右ボタンをクリックし、
メニューから「デスクトップの壁紙として設定」を選択してください。

▼Macintoshの場合

表示された画像の上で、
「controlキー+クリック」→「画像をディスクにダウンロード」。
「Apple Menu」→「システム環境設定」 > 「デスクトップとスクリーンセーバー」を選択し
「デスクトップ」のタブを表示。
その上へダウンロードした画像をドロップしてください。
任意の画像の配置方法を選択し、「デスクトップに設定」ボタンをクリックしてください。

 

きのこの壁紙をGET!「きのこアルバム」アーカイブはコチラ

今おすすめのきのこレシピ

きのことウインナーの蒸し焼き

アウトドアにおすすめの簡単にできるきのこたっぷりレシピをご紹介します。きのこは100gあたり20kcal以下と低カロリーなうえ、食物繊維が豊富で噛み応えがあるため、満腹感をもたらしダイエットをサポートします。旨味が詰まったウィンナーと合わせればきのこの旨味とあいまって満足感の高い1品に仕上がります。きのこのプリっとした食感がクセになるアウトドアでも楽しめる一品です。

レシピを見る