PAGETOP
きのこアルバム

人類が知りつくせないほどの種類があるきのこ。その一部をご紹介します。

【きのこアルバム】ウスヒラタケ

各地で雪の知らせが聞こえてくる時期。一年で最も寒い時期となりますが、食事や服装から身体を温めて、新しい年も元気にスタートさせていきましょう!今回は、冬の風物詩の“お餅”や“雪”を連想させる白いきのこ「ウスヒラタケ」をご紹介します。

*******

ウスヒラタケは、日本各地やヨーロッパなどに分布しているきのこ。春から秋にかけて、広葉樹の枯木や倒木に幾重にも重なり合うようにして発生します。

傘の直径は2~8cmで、きのこの中では平均的な大きさ。柄も小さく、一般的な長さは0.5~1.5cm程度とされていますが、柄のない個体もあるそうです。色は発生した当初は淡灰褐色をしていますが、成長に伴い白~淡黄色となったり、ほぼ白色のまま成長したりします。

「ウスヒラタケ」は漢字で「薄平茸」と書くように、“傘の薄さ”が特徴の一つでもあります。成長し傘を翻す姿は何とも美しく、儚げです。

また、「薄平茸」という名前の通り「ヒラタケ」に見た目が似ており、実際にとても近い種類に属していることから、度々「ヒラタケ」と混同されることがあります。見分けるポイントとしては、ウスヒラタケの方が小形で傘が薄く、色がより淡い、といった点があるそう。

ちなみに、ウスヒラタケは肉質が柔らかく、風味にも癖が無いため食べられるきのことして重宝されています。しかし、有毒きのこの「ツキヨタケ」「スギヒラタケ」に似ているため誤って食べてしまう危険があり、専門家の目視での確認がない限りは、お召し上がりいただかないようお願いいたします。

ウスヒラタケの「ウス」は「薄い」が由来ではありますが、成長し、傘を翻す姿はなんだか「臼」のようにも・・・見えるかもしれません。冬の風物詩である“お餅”をきのこと一緒に楽しみながら、新しい年も元気で健康に過ごしていきましょう!

*******

ウスヒラタケの「ウス」は「薄い」が由来ではありますが、成長し、傘を翻す姿はなんだか「臼」のようにも・・・見えるかもしれません。冬の風物詩である“お餅”をきのこと一緒に楽しみながら、新しい年も元気で健康に過ごしていきましょう!

【出典】
・今関六也・大谷吉雄・本郷次雄 編(2011)「増補改訂新版 山渓カラー名鑑 日本のきのこ」株式会社 山と渓谷社,東京
・本郷次雄 監修 (1999)山渓フィールドブックス⑩「きのこ」株式会社 山と渓谷社, 東京
・今関六也・本郷次雄 編(1989)「原色日本新菌類図鑑(Ⅰ・Ⅱ)」株式会社 保育社, 大阪

「こんなきのこを見つけた!」という情報がありましたら
是非きのこらぼに教えてください♪
きのこ発見!情報を送る

◆◇◆ヒラタケ◆◇◆

ウスヒラタケ壁紙PC

ウスヒラタケ壁紙SP

以下よりパソコン又はスマートフォンを選択してダウンロードしてください。
パソコン用壁紙(1920×1080)
スマートフォン用壁紙(1080×1920)

▼Windowsの場合
表示された画像の上でマウスの右ボタンをクリックし、
メニューから「デスクトップの壁紙として設定」を選択してください。

▼Macintoshの場合
表示された画像の上で、
「controlキー+クリック」→「画像をディスクにダウンロード」。
「Apple Menu」→「システム環境設定」 >
「デスクトップとスクリーンセーバー」を選択し
「デスクトップ」のタブを表示。
その上へダウンロードした画像をドロップしてください。
任意の画像の配置方法を選択し、「デスクトップに設定」ボタンをクリックしてください。

きのこの壁紙をGET!「きのこアルバム」アーカイブはコチラ

今おすすめのきのこレシピ

霜降りひらたけとキャベツの酒蒸し

さっぱりと美味しいお酒のお供に、ヘルシーで美容にも良いメニューはいかがでしょうか。きのこに豊富なビタミンB2は別名「美容ビタミン」と呼ばれるお肌ケアに嬉しい栄養素。また、霜降りひらたけには抗酸化物質のエルゴチオネインも豊富に含まれています。風味豊かな塩ダレがクセになる、簡単につくれる一品です。

レシピを見る