きのこばか

【Vol.8】きのこは素直

~ある日、横断歩道にて~

歩行者用信号の人のマークが、、あれ?きのこ!!!??!

きのこに誘われて、危うく飛び出すところでした。
「きのこ目」、危ない危ない‥‥


きのこは素直♡

 
皆さんこんにちは、きのこばか伊藤でございます。

お姉ちゃんのきのこばか鈴木も申しております「きのこ目」ですが
時に危険なこともあるので気を付けないといけませんね。

さて今回は‥‥‥‥最近思うのです。
「きのこは素直だな」と。

大人になると、つい素直になれなかったり、それがきっかけで後悔が残ることもありますよね。
子どもの時のように、無邪気に、もっと素直になれたら…と思うことも。

そんな時、思い浮かぶのが“きのこ”です。

まず、きのこはクセがなく、どんな料理とも相性が良いですよね。
あれほど、素直に他を受け入れることができるでしょうか。いや、できません。

また、きのこ売り場には、様々なきのこが売られていますよね。

身を寄せ合うブナシメジ、ひらひらとしたマイタケ、堂々と独立したエリンギ‥‥
まったく、それぞれが個性を楽しんでいるようにしか見えません!
他ではなく、素直に己を受け入れることが大切、と言われているような気がします。


さらに、きのこは熱を加えられても萎れたりせず、元の形を保っています。

圧力がかかった状態で、元のままでいることって難しいと思うのですが…
さすが、きのこ。度量が違うのかもしれません。

そのうえ、青果売り場でも、華やかな野菜や果物に負けず劣らず地位を獲得し、惜しみなく栄養をくれる存在。

ああ‥‥きのこ、素敵。

わたしも、そんなきのこばかになりたいものです。

***************

次回は梅雨本番‥にちなんで、きのこばかのきのこ目ストーリー(第二弾)をお届けします。

今おすすめのきのこレシピ

レンジdeきのこのキャロットラペ

乾燥肌を防ぐ美肌メニューのご紹介です♪
きのこには、肌の生まれ変わりを促し健康な肌をつくるのに欠かせないビタミンB2が豊富。
また、にんじんにはアンチエイジングや肌・粘膜を守るのに効果的なビタミンACEが含まれるため、きのこと合わせることで美肌効果が高まります。

レシピを見る レシピ動画を見る