close
きのこアルバム

人類が知りつくせないほどの種類があるきのこ。その一部をご紹介します。

【きのこアルバム】コムラサキシメジ

日に日に太陽は強さを増し、少しずつ夏の訪れを感じるこの頃。
梅雨が来て、明ければいよいよ夏本番の始まりです!

今回は梅雨時期、雨の映える花「アジサイ」を連想させるような淡い紫色が美しいきのこ「コムラサキシメジ」をご紹介します。

コムラサキシメジは夏~秋、畑や芝生、道端、竹林などに私たちの身近なところに群れになって発生するきのこ。
傘の直径は4~8 cm ときのこの中では比較的小型で、成長と共に傘が開き、中央がややくぼんでいきます。

また、コムラサキシメジは淡い紫色が特徴的とされていますが、実は成長と共に白色に近づき、最後は黄色がかった色になります。キレイな紫色を観察できる期間は意外と短いそうで、さらに、肉質が柔らかく傷つきやすいため「これだ!」という美しい状態のきのこに出会うことが難しいそう。
淡い紫色や儚げなところ、さらに様々に色を変えるところも、なんだかアジサイのようです。

また、コムラサキシメジは以前ご紹介した「ムラサキシメジ」と近縁種にあたり、ムラサキシメジと同様に「フェアリーリング」が観察できることでも有名。
ゴルフ場や公園など、広々とした敷地があるところではより観察できる可能性が高いそうです。

ちなみに、コムラサキシメジとムラサキシメジのわかりやすい違いは以下の通り。

コムラサキシメジの方が発生時期が長く、私たちの生活空間にある田畑や公園にも発生場所することから、より目にしやすいかもしれません。

また、どちらも茹でこぼすことで食用とできるのですが、コムラサキシメジはムラサキシメジに比べても、歯切れがよく臭いもあまりないそうで、食用とされる機会も多いのだとか。
ただ、「ウスムラサキシメジ」というよく似た有毒きのこがありますので、くれぐれも専門家の目視の確認がない限りはお召し上がりにならないようお願い致します。

これからの時期、公園などを散歩する機会がありましたら、ぜひ足元にもご注目ください。
コムラサキシメジをはじめ、夏を待ちわびるきのこたちに出会えるかもしれません♪

きのこアルバム一覧ページ

*************************

≪出典≫
○今関六也・大谷吉雄・本郷次雄 編(2011)増補改訂新版 山渓カラー名鑑 日本のきのこ.山と渓谷社,東京
○小川勇勝 著(2002) 野生のきのこ -17年間の山歩きで探し当てたきのこの生息地と写真撮影の記録-

 

「こんなきのこを見つけた!」という情報がありましたら是非きのこらぼに教えてください♪きのこ発見!情報を送る

 

◆◇◆ムラサキシメジ◆◇◆

ムラサキシメジ壁紙

以下よりご使用のパソコンの解像度を選択してダウンロードしてください。

1280×1024
1600×1200
1920×1200

 

▼Windowsの場合

表示された画像の上でマウスの右ボタンをクリックし、
メニューから「デスクトップの壁紙として設定」を選択してください。

▼Macintoshの場合

表示された画像の上で、
「controlキー+クリック」→「画像をディスクにダウンロード」。
「Apple Menu」→「システム環境設定」 > 「デスクトップとスクリーンセーバー」を選択し
「デスクトップ」のタブを表示。
その上へダウンロードした画像をドロップしてください。
任意の画像の配置方法を選択し、「デスクトップに設定」ボタンをクリックしてください。

 

きのこの壁紙をGET!「きのこアルバム」アーカイブはコチラ

今おすすめのきのこレシピ

うま!きのこのヘルシー混ぜごはん

残暑による特有の疲労感を吹き飛ばし、スタミナアップを助けるメニューをご紹介。きのこに豊富なビタミンB1はエネルギーを作り出し、疲労回復を後押しします。またきのことオクラに豊富なカリウムが倦怠感を解消して、さらに効果がアップ。おにぎりにしてお弁当や補食にするのもおすすめです。

レシピを見る