PAGETOP
きのこアルバム

人類が知りつくせないほどの種類があるきのこ。その一部をご紹介します。

【きのこアルバム】ミヤマトンビマイ

まだまだ暑い日が続きますが、夜は日中の暑さが少し和らぎ、微かに秋の気配を感じる季節となってきました。秋といえば、スポーツ、読書、それに何といっても食欲の秋!ですよね。
そんな今回は、その見た目が美味しそうな“ホットケーキ”を思わせるきのこ「ミヤマトンビマイ」をご紹介します。

*******

ミヤマトンビマイは、夏から秋にかけて、モミの木やトウヒといった針葉樹の近くに発生するきのこ。日本各地をはじめ、北米やヨーロッパなど世界各地に分布しています。

太く短い柄から、扇のような形や、じょうごのような形の傘を発生させ、1枚の傘の大きさはおよそ10~20㎝となります。ミヤマトンビマイ全体の直径は40cmに達することもある、とても大きなきのこです。
また、傘の表面には、波型や丸形の薄い模様がうっすらと見え細い短毛が生えており、傘の付き方としては、軸から2~3本の傘を一方または四方に発生させるという特徴があります。

また傘の裏面はエリンギなどの“ヒダ”ではなく、マイタケと同じスポンジのような“管孔”となっており、白色もしくはクリーム色をしています。

そして、ミヤマトンビマイは生長するにつれ硬くなるという特性も持ち合わせています。
発生当初の肉質は柔らかいですが、傘の径が20㎝ともなれば強靭な肉質のきのこへと変化します。見た目はホットケーキのようですが、実際に触ってみるとその硬さに驚くかもしれません!

ちなみに、非常に似た種としてオオミヤマトンビマイというきのこが存在します。見た目だけで区別するのは非常に難しいですが、ミヤマトンビマイが針葉樹の近くに発生するのに対し、オオミヤマトンビマイはナラの木などの広葉樹の近くに発生するという違いがあります。
見た目が似ていても、発生する樹木の種類によって別種と区別されるきのこの世界は、改めて奥深いなと感じさせられます。

*******

秋の足音が微かに聞こえ始め、夏の暑さが少し和らぐこの季節。イベントも多く、行楽シーズンとなり楽しみが増える一方、昼と夜の寒暖差が激しく体調を崩しやすいのもこの時期の特徴です。食事からしっかりと栄養をとり、この時期も思う存分楽しんでいきましょう。

【出典】
・今関六也・大谷吉雄・本郷次雄 編(2011)「増補改訂新版 山渓カラー名鑑 日本のきのこ」株式会社 山と渓谷社,東京
・前川二太郎 編著 (2021)「スタンダード版 新分類 きのこ図鑑」株式会社 北隆館,東京
・本郷次雄 監修 (1999)山渓フィールドブックス⑩「きのこ」株式会社 山と渓谷社, 東京
・今関六也・本郷次雄 編(1989)「原色日本新菌類図鑑(Ⅰ・Ⅱ)」株式会社 保育社, 大阪

「こんなきのこを見つけた!」という情報がありましたら
是非きのこらぼに教えてください♪
きのこ発見!情報を送る

◆◇◆ミヤマトンビマイ◆◇◆

ヒロヒダタケ壁紙PC

ヒロヒダタケ壁紙SP

以下よりパソコン又はスマートフォンを選択してダウンロードしてください。
パソコン用壁紙(1920×1080)
スマートフォン用壁紙(1080×1920)

▼Windowsの場合
表示された画像の上でマウスの右ボタンをクリックし、
メニューから「デスクトップの壁紙として設定」を選択してください。

▼Macintoshの場合
表示された画像の上で、
「controlキー+クリック」→「画像をディスクにダウンロード」。
「Apple Menu」→「システム環境設定」 >
「デスクトップとスクリーンセーバー」を選択し
「デスクトップ」のタブを表示。
その上へダウンロードした画像をドロップしてください。
任意の画像の配置方法を選択し、「デスクトップに設定」ボタンをクリックしてください。

きのこの壁紙をGET!「きのこアルバム」アーカイブはコチラ

今おすすめのきのこレシピ

生どんこと新じゃがのバターソテー

季節の変わり目は気候が大きく変動し、自律神経が乱れ疲れやだるさを感じやすい時期。きのこに豊富な食物繊維は、腸を整えることで、腸に多く集まる自律神経を整える働きが期待できます。存在感のある生どんこのジューシーさと新じゃがのホクホク食感が相まった、お酒にもごはんにも合う一品です。

レシピを見る