PAGETOP
きのこアルバム

人類が知りつくせないほどの種類があるきのこ。その一部をご紹介します。

【きのこアルバム】ヒロヒダタケ

梅雨の時期となり、傘をもって出掛ける事が多くなる季節となりました。季節に合わせ新しいカサを新調しようと思っている人も多いかもしれませんね。そんな今回は、可愛らしいカサのような見た目がこの時期にピッタリな「ヒロヒダタケ」をご紹介します。

*******

ヒロヒダタケは、夏から秋にかけて広葉樹の朽木やその周辺に発生するきのこ。
日本各地をはじめ中国や北米などの北半球に広く分布しています。

傘の表面は灰色、灰褐色または黒褐色で水っぽい質感をしており、放射状に広がる模様があります。発生当初、傘は山形をしていますが、徐々に平形に開いていきます。そして、最終的には傘の真ん中が窪むほど開き、すり鉢状となります。

また、ヒロヒダタケの傘の直径は5cmから15㎝程度となり、比較的大型のきのこ。
柄の太さは1~2㎝程度、長さは7㎝から12㎝と、傘の大きさに対して柄が細く華奢な印象もあり、なんだか本物の「カサ」が連想されるよう。

また、漢字名では「広褶茸」と書きますが、傘の裏にある“ヒダ(褶)”が幅広くとてもしっかりしているのも特徴の1つ。写真からも、大きく開いた傘からチラリと覗く、立派なヒダが伺えます。

ちなみに、ヒロヒダタケは今まで食べられるきのことして認知されていましたが、最近になって、北アメリカの地域で中毒症状が報告されており、現在では有毒種として扱われています。そのため、もし似たきのこを見つけた際には、ぜひ、見て楽しむようにしていただければと思います。

*******

梅雨の時期、雨がより一層緑を輝かせる季節。きのこや植物がみせる溢れんばかりの生命力を感じながら、私たちも夏本番を楽しむ準備をしていきましょう。

【出典】
・今関六也・大谷吉雄・本郷次雄 編(2011)「増補改訂新版 山渓カラー名鑑 日本のきのこ」株式会社 山と渓谷社,東京
・前川二太郎 編著 (2021)「スタンダード版 新分類 きのこ図鑑」株式会社 北隆館,東京
・本郷次雄 監修 (1999)山渓フィールドブックス⑩「きのこ」株式会社 山と渓谷社, 東京
・今関六也・本郷次雄 編(1989)「原色日本新菌類図鑑(Ⅰ・Ⅱ)」株式会社 保育社, 大阪

「こんなきのこを見つけた!」という情報がありましたら
是非きのこらぼに教えてください♪
きのこ発見!情報を送る

◆◇◆ヒロヒダタケ◆◇◆

ヒロヒダタケ壁紙PC

ヒロヒダタケ壁紙SP

以下よりパソコン又はスマートフォンを選択してダウンロードしてください。
パソコン用壁紙(1920×1080)
スマートフォン用壁紙(1080×1920)

▼Windowsの場合
表示された画像の上でマウスの右ボタンをクリックし、
メニューから「デスクトップの壁紙として設定」を選択してください。

▼Macintoshの場合
表示された画像の上で、
「controlキー+クリック」→「画像をディスクにダウンロード」。
「Apple Menu」→「システム環境設定」 >
「デスクトップとスクリーンセーバー」を選択し
「デスクトップ」のタブを表示。
その上へダウンロードした画像をドロップしてください。
任意の画像の配置方法を選択し、「デスクトップに設定」ボタンをクリックしてください。

きのこの壁紙をGET!「きのこアルバム」アーカイブはコチラ

今おすすめのきのこレシピ

霜降りひらたけとキャベツの酒蒸し

さっぱりと美味しいお酒のお供に、ヘルシーで美容にも良いメニューはいかがでしょうか。きのこに豊富なビタミンB2は別名「美容ビタミン」と呼ばれるお肌ケアに嬉しい栄養素。また、霜降りひらたけには抗酸化物質のエルゴチオネインも豊富に含まれています。風味豊かな塩ダレがクセになる、簡単につくれる一品です。

レシピを見る